『週刊少年ジャンプ』が直面した危機とは、この1~2年、人気連載が次々と終了していったことだ。人気連載終了はもちろん本誌の部数にも影響し、『週刊少年ジャンプ』の部数は1年前の250万部から200万部に落ち込んだと言われる。しかし、それ以上に深刻なのは、連載終了した作品をまとめた単行本、いわゆるコミックスの新刊が出なくなることだ。初版360万部を誇る『ONE PIECE』のコミックスが年に何巻出るかで集英社の決算の数字が変わるというほど、大型作品の経営寄与率は高いのだが、『ONE PIECE』は安泰だといえ、それに続く初版数十万部の作品の連載が、この間、次々と終了した。

《周刊少年Jump》在这一两年中人气连载相继完结,迎来了危机。人气连载完结意味着杂志销量受损,据说《周刊少年Jump》的发行量从1年前的250万部降到了200万部。但是,比这个更严重的是,完结作品的单行本也就是,漫画的新刊无法再出版。《海贼王》的初版为360万部,对集英社来说,一年发行几卷《海贼王》都会直接影响到整体结算。大型作品的经营贡献率很高,虽然《海贼王》还很稳定,但初版销售为数十万的作品都相继完结了。

この1年間だけでも『暗殺教室』『BLEACH』『こちら葛飾区亀有前公園派出所』『トリコ』の4本、その前年には『NARUTO―ナルト―』『黒子のバスケ』が終了している。

仅仅这一年,就完结了《暗杀教室》,《死神》,《乌龙派出所》,《美食的俘虏》。去年又完结了《火影忍者》,《黑子的篮球》。

つまり集英社の屋台骨を支えてきた人気作品のかなりのものがこの2年間でごっそりなくなってしまったのだ。集英社の次の決算が大きな打撃を受けていることは間違いないといえる。

也就是说支撑集英社的台柱子在这2年间一股脑儿消失了。将对集英社下次的总结算造成巨大的打击。

実は『週刊少年ジャンプ』は1995年に600万部超という驚異的な部数を誇っていたのだが、『ドラゴンボール』や『スラムダンク』『幽遊白書』という人気連載が次々と終了したのを機に部数が一気に落ち込んだ。それ以来、一貫して部数減が続いているのだが、この1~2年の人気連載終了は、その20余年前の悪夢を思い起こさせたというわけだ。

实际上,《周刊少年Jump》在1995年曾留下超600万部的传奇历史。但随着《龙珠》,《灌篮高手》,《幽游白书》的相继完结,销量一下子陷入低迷。之后,虽然历年一直都在减少,但这1,2年人气作品的完结,不免让人想起20多年前的噩梦。

「ただ、もっとずるずると落ち続けるのではないかという不安もあったのですが、実際はそうでもなかった。あれだけ人気の連載が終了した割にはよく持ちこたえたと思います。よくふんばったなというのが率直な感想です」(鈴木常務)

“只是,再拖延不决下去的话,很担心会不会继续下落,但事实不是这样。相较这么多人气作品的完结,结果还是撑住了。坦率讲,真的非常努力了。“(集英社常务董事铃木晴彦如是说)

一時期、集英社のマンガ部門関係者の顔は一様に暗かったといわれるが、この春、少し明るさが出てきたのは、危機を打開するための施策が少しずつ動き出し、明るい見通しが出てきたからだ。

集英社漫画部的成员虽然一时陷入了低潮,但这个春天,稍微恢复了点元气。这是因为集英社开始逐步着手解决危机,渐渐看到了出路。

「今年は『週刊少年ジャンプ』も新しい作品を育てないといけないし、正念場の年になると思います。『ジャンプスクエア』や、春に刊行予定の増刊『ジャンプGIGA』、それにマンガ誌アプリの『少年ジャンプ+』などを、どう連動させてコンテンツを作っていくか。新陳代謝が進むと思います」(同)

“今年的《周刊少年Jump》也不得不发掘新的作品,已经是紧要关头了。思考着如何和《Jump Square》、春天出版的增刊《Jump GIGA》和漫画杂志app上的《少年Jump+》的内容联动。促成更新换代。”(同)

アニメ化などで期待の作品も次々と…

由于动画化等原因而受到期待的作品相继......

不動の地位を誇る『ONE PIECE』に続く作品といえば、不定期掲載の『HUNTER×HUNTER』を除けば、現在2位につけているのが『ハイキュー!!』だ。そしてこの1年、急速に人気を伸ばしたのが『僕のヒーローアカデミア』だ。2016年春から始まったアニメ化で弾みがつき、2017年も4月からアニメの第2シリーズが放送されている。

能够接替不变的王者《海贼王》的作品,除了不定期连载的《全职猎人》以外,目前处于第二位的是《小排球》。然后是这一年迅速积累人气的《我的英雄学院》。继2016年开春动画化后,2017年4月第二季播出。

「『僕のヒーローアカデミア』のアニメは半年間放送予定で、おそらくコミックスが初版100万部を突破するでしょう。先ごろ発表された読売新聞社などが主催のSUGOI JAPAN AWARD 2017でも『僕のヒーローアカデミア』が、マンガ部門の1位に選ばれました」(同)

“《我的英雄学院》预定是半年番,漫画初版大约会突破100万部吧。刚刚读卖新闻社主办的SUGOI JAPAN Award2017出炉的结果中,《我的英雄学院》也获得了漫画部门的第一位。”(同)

同じく4月からアニメが放送された作品としては『BORUTO―ボルト―NARUTO NEXT GENERATIONS』が挙げられる。『NARUTO』の主人公の子どもを描いた作品で、『週刊少年ジャンプ』に月1のペースで連載されている。

《博人传-火影次世代-》同样作为4月新番播放。这部作品主要讲述鸣人孩子的成长史。《周刊少年Jump》也以月更的方式连载中。

そのほか今人気上昇中なのが『ブラッククローバー』『約束のネバーランド』と『鬼滅の刃』。鈴木常務は、2017年中にその3作品を50万部タイトルにしたいという。

其他处于上升期的漫画还有《黑色五叶草》、《约定的梦幻岛》和《鬼灭之刃》。常务董事铃木希望这三部作品可以在2017年突破50万部。

それ以外に期待がもたれているのは、『黒子のバスケ』を描いていた藤巻忠俊氏の新連載『ROBOT×LASERBEAM』だ。少年誌には異例のゴルフマンガだが、作品の評価が高く、連載第1回は『週刊少年ジャンプ』の表紙を飾っている(冒頭の写真)。

其他还备受期待的是《黑子的篮球》的作者藤卷忠俊的新作《ROBOT×LASERBEAM》。此作不同于普通的少年漫,是讲述高尔夫的漫画,作品评价非常高,连载第一回就登上了《周刊少年Jump》的封面。

「今年に入って次々と新連載を立ち上げ、“春の6連弾”と呼んでいるのですが、その6本目がこの作品です。3月に『黒子のバスケ』が映画化されることなどいろいろなタイミングも考えました。

“今年陆陆续续开了新连载,正所谓‘春的6连弹’,这是其中的第六部。也考虑了3月份《黑子的篮球》动画化等因素。

考えてみれば、『週刊少年ジャンプ』はアンケート主義による競争原理を取り入れたり新人発掘のためにいろいろな試みをしてきたのですが、このところ『ハイキュー!!』にしろ『僕のヒーローアカデミア』にしろ、その作家にとって2本目3本目の作品で大ヒットするケースが目立つ。藤巻さんもデビュー作の『黒子のバスケ』が大ヒットしたわけですが、今回の2作目も期待できる。1作目を終えた作家が次をめざしてコンペを行い、2作目3作目でさらにヒットを出すという成長スタイルはこれから増えていくような気がします」(同)

《周刊少年Jump》是民主主义,加入竞争的元素,为了发掘新人做了很多尝试。最近,不管是《小排球》还是《我的英雄学院》,大热作品的作者的第二三部作品同样大热的例子引人注目。同样,藤卷大大的处女作《黑子的篮球》大热,所以这次的新作也备受期待。一部作品完结的作者向着另一个赛场前进,第二部第三部作品也同样大热,我觉得这样的成长方式在今后会慢慢变多。”(同)

集英社では、2017年は『ONE PIECE』20周年、『ジョジョ』30周年であるほか、来年が『週刊少年ジャンプ』50周年に当たるため、7月から「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」など、周年企画が始まるという。

2017年对于集英社来说,是《海贼王》20周年,《JoJo的奇妙冒险》30周年。来年则是《周刊少年Jump》50周年。从7月开始将要开展‘创刊50周年纪念 周刊少年Jump展’等周年活动。

「いろいろな意味で今年は勝負の年になるでしょうね」と語るのは、取締役の隅野叙雄コミック販売部長だ。

“各种意义上,今年是决胜负的一年。”杂志贩卖部部长隅野叙雄如是说。

人気連載が1~2年で次々と終了という危機に直面しながら、次の作品を育てるための手を次々と打っている『週刊少年ジャンプ』、これから1年が正念場と言われるが、果たしてその行方はどうなるのだろうか。

直面人气作品在1-2年内相继完结的危机,不断寻找下一个人气作品的《周刊少年Jump》,这一年迎来了最关键的时刻。未来,《周刊少年Jump》究竟会何去何从。

本翻译为沪江日语原创,禁止转载。

相关阅读推荐:《周刊少年JUMP》是怎样炼成的?