インターネット上の一部で「Kawaii is a slur(Kawaiiは差別用語だ)」との主張が生まれたことに対し、原宿系クリエーター・紅林大空(30)が、Kawaiiは差別用語ではないと説明する動画をインスタグラムなどで公開した。紅林はよろず~ニュースの取材に対し、Kawaiiカルチャーは国籍や人種に関係なく「リスペクトさえあれば誰でも楽しむ権利がある」と語った。

针对网络上出现“Kawaii(かわいい) is a slur(Kawaii是歧视用语)”的主张,原宿系创作者红林大空(30岁)在instagram上公开了解释Kawaii不是歧视用语的视频。红林在接受万代屋新闻采访时表示,Kawaii文化与国籍、种族无关,“只要尊重,谁都有享受的权利”。

黒人女性が日本のアニメキャラクターのコスプレをした自身の姿を「Kawaii」の文字を添えて動画サイト・TikTokへ投稿したことが論争のきっかけとなった。女性の元には「日本の文化を外国人が使うなんて許せない」「黒人がKawaiiを使ってわが物顔をするな」などと攻撃的なコメントが寄せられたと紅林は説明。これにより、日本人以外が日本発祥の「Kawaii」という言葉やそのカルチャーを実践することは”文化の盗用”になるとして「Kawaii is a slur(Kawaiiは差別用語だ)」と、「Kawaii」の使用をタブー視する動きが発生した。

黑人女性在视频网站TikTok上传了自己cosplay日本动漫人物的照片,并附上了“Kawaii”的字样,引发了争论。红林解释说,那位女性收到了“不能容忍外国人使用日本文化”“黑人不要用着Kawaii来装模作样”等攻击性的评论。由此,日本人以外的人使用源自日本的“Kawaii”一词或实践Kawaii文化等行为构成了“文化盗用”,并因此出现了“Kawaii is a slur(Kawaii是歧视用语)”等将使用“Kawaii”视为禁忌的举动。

海外のイベントなどに出席し、世界へKawaiiカルチャーを発信してきた紅林は「Kawaii文化は日本の文化といっても歴史が浅い。ここ20年くらいで急に浸透した文化なので、それを誰かが定義できるものではないし、半分以上は世界のみんなと一緒に作ってきたようなものなんです」と話し、「これは文化の盗用ではない」と意見を述べた。

出席海外活动,向世界发送Kawaii文化的红林表示:“虽说Kawaii文化属于日本,但其历史并不算长。近20年左右突然渗透的文化,并不是谁能够定义的,一半以上都是和全世界的人们一起创造出来的。”并陈述了“这不是文化盗用”的意见。

紅林によると、当該動画を投稿したKawaiiインフルエンサーのアカウントは”荒らし”によって通報され、TikTokから利用を停止された。「これによって多くの人たちは、中傷した荒らしの人たちの認識が正しいと受け取りました。今回、一番大きな事件はTikTok側がKawaiiのSlur化を認めたということです」。中傷の背景には人種差別があるとし、攻撃する人たちの中にはKawaiiカルチャーを理解しないまま”文化の盗用”を語る人もいるとした。

据红林称,发布该视频的Kawaii网红的账号以“骚扰”的名义遭到举报,被TikTok禁用。“因此很多人认为中伤者的观念是正确的。这次最大的事件是TikTok方面承认了Kawaii的差别化。”她说中伤的背后存在种族歧视,攻击她的人中也有在不理解Kawaii文化的情况下就说“文化盗用”的人。


紅林は「あまりよく知らない人たちが、Kawaiiを理解できていないところに問題があった」と考え、「Kawaiiを仕事にしていて、海外でもたくさん仕事をさせてもらって交流もある人が『誰でも使っていいんだよ』と説明するべきだと思って」と、日本人のKawaiiインフルエンサーとして声明を出した。「Kawaiiカルチャーは日本人も外国人も、どんな誰であろうが関係なく、いつでも初心者参加歓迎な文化で、リスペクトさえあれば誰でも楽しむ権利がある」と訴えた。

红林认为“不太了解Kawaii的人,在对Kawaii的理解存在误区的方面是有问题的”,在此基础上,她作为Kawaii的日本网红做出声明:“我想,一个从事Kawaii工作的人,在海外做了很多工作并拥有了许多人脉,应当向人们解释‘任何人都可以使用Kawaii’。”“Kawaii文化不分日本人还是外国人,是一种无论何时都欢迎初学者加入的文化,只要尊重,谁都有权利享受它。”

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:

如今日本年轻人最爱的五大“平成复古”潮流物

全国靠左站,关西靠右站,关西的自动扶梯文化为何不同?