人気アイドルグループ·嵐が23日、東京ドームで5大ドームツアー『ARASHI LIVE TOUR2014 THE DIGITALIAN』最終公演を開催した。16年目を迎えたばかりのタイミングで11月14日福岡公演からスタートした同ツアーは、松本潤(31)が中心となって全体の演出、構成し、リーダーの大野智(34)も自身のソロ曲を含め4曲の振り付けを担当。『DIGITALIAN』のタイトルにふさわしく、最新技術が集結させた“近未来型”ステージでこの日だけで約5万5000人を熱狂させた。

23日,人气偶像组合·在东京巨蛋举行五大巨蛋巡演“ARASHI LIVE TOUR2014 THE DIGITALIAN”最终场公演。在岚刚刚迎来第16年的这一时间点,以11月14日的福冈公演为起点举行的此次巡演,其整体内容以松本润(31岁)为中心进行策划、构成,队长·大野智(34岁)也负责了包含其自身Solo曲在内的4首歌的编舞。配合“DIGITALIAN”这一标题,集合了最新技术的“近未来型”舞台表演,在23日这一天让约5万5000名观众为之热狂。

序盤から巨大ムービングステージ『ARASHI MOVING WING』(面積:165平方メートル、横幅:45メートル、最高地点:地上8メートル)や、松本いわく「構想3年」というLEDライト無線制御システムを採用した“ARASHIファンライト”が今回、初登場。座席と楽曲が連動し、会場全体を5色に彩った。

从演出最初的部分开始,巨大移动舞台“ARASHI MOVING WING”(面积为165平方米、横向宽度45米,最大高度可高出地上8米),以及松本言及的“构思3年”、采用LED灯光无线控制系统控制的“ARASHI FAN LIGHT”,都在此次巡演中首次登场。观众席与歌曲(表演)联动,演唱会现场全场被五色所装点。

その“ARASHIファンライト”はMCでも大活躍。24日のクリスマス·イブに誕生日を迎える相葉雅紀(32)のため、ファンとメンバーがバースデーサプライズを送る。“ARASHIファンライト”を使用して、客席から相葉のメンバーカラーである緑色で「オメデトウ MASAKI」の文字を浮かび上がらせた。

(23日当天,)这个“ARASHI FAN LIGHT”也在MC部分大为活跃。为了在24日平安夜迎来生日的相叶雅纪(32岁),粉丝和岚成员们一起送上生日惊喜。观众们使用“ARASHI FAN LIGHT”,从观众席上用相叶的成员色·绿色呈现出“恭喜MASAKI”的文字。

相葉は「すげぇきれい!」と感激し「ありがとう、本当にありがとう!みんな、愛してるよ!」と幸せそうな笑顔を振りまいた。松本が開場前に相葉以外のメンバー4人とスタッフが手分けをしてライトをつける人の座る席にシールを貼ったことを明かすと、ファンからは感嘆の声と拍手が巻き起こった。

相叶感激道“超漂亮!”,并献上很幸福的笑容说“谢谢!真的谢谢!我爱大家!”。松本坦言说,当天演唱会开场前,相叶以外的4位成员和工作人员分头在需要(在庆生环节)点灯的观众坐席上贴了贴纸,听到这样的小插曲,观众们都纷纷发出感叹之声并鼓掌。

ほかにも、冒頭からメンバーの心拍数がリアルタイムに映像に表示されたり、「Hope in the darkness」では、メンバーが腕に取り付けた「筋電センサー」によって筋肉の動きがデジタル信号化されて音が鳴り、映像や照明も操るなど“DIGITAL”な世界観を展開。

此外,从演出一开始就实时在(大屏幕)影像中展示成员的心跳数,在歌曲《Hope in the darkness》表演时,成员们凭借手腕上戴着的“肌电传感器”,将肌肉的震动转化成数码信号并发出声音,影像和灯光都被同时操控的“DIGITAL”(数码)世界被呈现出来。

後半は、デビュー曲「A·RA·SHI」から代表曲を年代を追って披露し、15周年を総ざらい。二宮和也(31)の「やっぱり自分たちは前に進んでみたい。進んだ先に何があるのかを皆さんと一緒に見たい、と活動してきたグループ。それが16年目から体現できた」という言葉どおり、進化を遂げた演出で、全37曲を駆け抜けた。櫻井翔(32)は「これからも17年、18年、20年と続けられるように一緒に嵐をつくっていけたら」とファンに呼びかけていた。今回のドームツアーは、5会場18公演で約84万5000人を動員した。

演唱会后半段,从岚出道曲《A·RA·SHI》开始,岚按年份表演了各年的代表曲目,为15周年做总复习。二宫和也(31岁)说,“果然我们很想朝前迈进,我们想要和大家一起看看往前走会有什么,我们就是这样进行活动的组合。这就是第16年起展现出来的(内容)”。正如他说的这样,在此次完成进化的演出(效果)中,岚串演了全部37首曲目。樱井翔(32岁)向粉丝们呼吁道,“为了让岚能够持续走到17年、18年、20年,我希望和大家一起铸造‘岚’”。此次岚的五大巨蛋巡演在5会场共计举办18场公演,约动员84万5000人。

声明:音视频均来自互联网链接,仅供学习使用。本网站自身不存储、控制、修改被链接的内容。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将依法采取措施移除相关内容或屏蔽相关链接。

在线地址:http://www.56.com/u26/v_MTMzMzMxMzY3.html

嵐にとって、デビュー15周年という節目の年になった2014年。公演前の記者会見では、5人が2014年を漢字一字で表現した。松本潤は挑戦の意味を込めて「挑」、二宮和也は「5人で集まる機会が多かった」ということで「集」を。大野智は15年間を振り返る年になったのと、楽曲の振り付けを多く担当したことから「振」、櫻井翔は「五輪があったのと、嵐5人での活動が多かった年」ということで「五」を挙げた。相葉雅紀は「一緒」と発言し、メンバーの失笑を買ったが、「僕たち嵐のところにみんなが来てくれたという意味を込めて、『家』!」と笑顔で1年を振り返った。

对岚而言,2014年是成为他们出道15周年的转折点之年。在23日公演开始前举办的记者会上,岚5位成员发表了一个汉字来体现2014年。松本润将挑战的意味包含在内,所以选择“挑”字;二宫和也因为“(今年)5个人聚集在一起的机会很多”,所以选择“集”字;大野智则因为今年成为回顾15年经历的年份,以及今年多次负责编舞,所以选择“振”字;樱井翔表示“今年是奥运会年,以及今年是岚5个人一起的活动很多的一年”,所以选择“五”。相叶雅纪发言说选“一起”,结果遭其他成员耻笑,最后面带笑容地说“带着大家来我们岚的会场(看演唱会)的含义,(我选)‘家’!”,以此回顾了今年。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关阅读推荐:岚×妖怪手表红白合作《A.RA.SHI》妖怪版