http://player.youku.com/player.php/sid/XMzU5MDI5MTA4/v.swf 【Hint】 数字半角 只用写旁白
昭和37年4月、神奈川県鴨宮に全長32キロの鉄道コースが完成した。トンネル、鉄橋、カーブ、本物と同じ走行条件が揃えられた。直ちに全国から選り抜きの運転手8人が集められた。試験走行では時速250キロに挑戦することになった。未知の速度に耐えられるか動体視力から脳波、心拍数の変化まで細かく調べられた。試験走行の日が近づいていた。準備が進むそのさなか、関係者に衝撃が走った。三木が研究所に辞表を出したのである。部下たちは驚き、引き止めた。三木は静かに言った。「自分の技術はすべて出し尽くした。実験には絶対の自信がある。」
1962年4月,神奈川县鸭宫全长32公里的试验用铁路全线贯通,隧道、铁桥、拐弯等条件都与实际铁路差不多。他们马上从全国各地召集了8名优秀的驾驶员。在正式测试时他们将要挑战250公里的时速,他们能否承受得住高速的冲击呢,医生对他们的体力、视力、脑波和心跳次数等指标进行了详细的测试。正式测试的日子也逐渐临近了。正当工作人员们在积极做准备时,他们却遭受了巨大的打击。三木向研究所递交了辞呈。他的部下都非常惊讶,全力去阻止他。三木却很镇静地说道:“我已经完全发挥了自己的实力,我坚信测试能够成功”,“只要能运行,那么计划就等于成功了,我的责任就算尽到了。之后的事我根本不担心。”