HYDEがアニメ「バクマン。」で声優に初挑戦「舌かんじゃった」

NHK教育テレビで放送中のアニメ「バクマン。」に、ロック・ユニットVAMPSのHYDEさんが本人役で登場することになり、12月13日(月)、声優の森久保祥太郎さんと共にアフレコ後の会見を行った。

正在NHK教育电视台播出的动漫《食梦者》,邀请到了日本人气摇滚乐队——彩虹乐队的主唱HYDE本人参与配音。12月13日,HYDE和声优森久保祥太郎一起参加了配音结束后举行的见面会。

アニメ「バクマン。」の原作は、「DEATH NOTE」を生み出した大場つぐみ・小畑健コンビがマンガ制作の裏側を描く人気コミック。週刊少年ジャンプで連載され、単行本は累計発行部数600万部を突破している。

动漫《食梦者》改编自大场鸫和小畑健继《死亡笔记》后再度合作的人气漫画作品。目前正在周刊少年JUMP连载,单行本累积发行量已经突破了600万部。

会見には、HYDEさんと、ミュージシャン・KOOGYを演じる森久保さんが登場。HYDEさんは「自然にやってと言われたけど、できませんでした」と、たった今行ったばかりのアフレコの苦労を語った。「"プロデューサー"とか、普段言っている言葉なのに舌かんじゃったりして」と、音楽活動との勝手の違いに戸惑った様子。一方、森久保さんは「『自然に』って一番難しいですよね」とフォローし、「HYDEさんらしい個性が出ていて、アドリブもあった。タイミングもばっちり」とほめていた。

以前から「DEATH NOTE」が大好きだったというHYDEさん。「バクマン。」原作でKOOGYがVAMPSモデルのギターを持っていたり、同じアクセサリーをつけていたりすることをファンに教えられ、「光栄だった」という。今回の話も、「現実のVAMPSの音楽と、アニメーションの世界観がごっちゃになる。すごくかわいらしい企画で、ノリノリでやらせていただきました」と楽しげに語った。

试试实力?点击右上角“本文相关应用”中的“贡献翻译稿”来为这两段文字提供翻译稿吧!

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。