日本旅游:知床和石见银山

 作者:摆一译  来源: TripAdvisor Gallery    划词:已禁用   收藏
编辑点评:世界遗产的数量每年都在增加,日本共拥有20处世界遗产,其中16处为文化遗产,4处为自然遗产。日本的世界遗产以丰富的自然环境和四季所孕育的遗产居多,并包括负面遗产,即人类应从中吸取教训的遗产,如“原子弹爆炸遗址”等。

知床

北海道東部に位置する知床半島は、世界で最も低緯度で流氷が接岸する場所。オホーツク海の豊かな海の恵みを得て、プランクトン、魚介類、アザラシ、陸上ではキツネやヒグマ、オオワシなどが集まり、一大食物連鎖が繰り広げられる場所です。知床岳や知床五湖など、人の手が及ばない、生まれたままの姿を残す大自然が見ものです。

位于北海道东部的知床半岛是世界上纬度最低、有且海冰靠岸的地方。受益于丰富的鄂霍次克海,知床半岛吸引了浮游生物、鱼类、海豹以及陆地上的狐狸、黑棕熊、虎头海雕等多种生物汇集,形成了极具价值的食物链。知床山、知床五湖等人类所无法触及且天然无雕饰的自然景色值得一看。

基本信息:

名称:知床
地址:北海道
入选时间:2005年
属性:自然遗产

网友评价:

言わずと知れた世界遺産、今も手つかずの自然の宝庫で、トレッキングをしていてもいつヒグマに遭遇してもおかしくない雰囲気です。前回秋に来た時はクルージングやネイチャーガイドさんとの五湖めぐりをしましたが、船からヒグマが見えたり、湖畔ではたくさんのシカに遭遇したりしました。ダイナミックな半島の姿は船から見るのが良いと思いますが、自然を感じるならやはりトレッキングがお勧めです。

不言而喻的世界遗产,现在是浑然天成的自然宝库,有种即便在徒步游览时,看到黑棕熊也不会觉得奇怪的氛围。上次秋天来的时候,乘船和自然导游一起沿着五湖巡游,从船上看到了黑棕熊,还在湖遇到了很多鹿。我感觉从船上看生机勃勃的半岛很好,想要感受自然的话还是推荐徒步游览。

石见银山遗迹及其文化景观

島根県にある石見銀山は、1923年に休山するまで約400年にわたって良質な銀が採掘されてきた銀鉱山です。大航海時代の16世紀からヨーロッパでも広く知られた存在で、17世紀前半の全盛期には世界の産銀量の約3分の1を占めた日本銀のかなりの部分が石見銀山で産出されたものだったといわれています。休山によって、古い伝統的な銀産業の全体像を今に残しているのがポイント。情緒ある鉱山町の風情も見どころです。

位于岛根县的石见银山是一座银矿山,在1923年休山之前,将近400年均能采掘到优质银。从大航海时代的16世纪起,其存在在欧洲都广为人知,据说17世纪前半叶是石见银山的全盛期,当时占世界产银量三分之一的日本,相当部分的产出来自石见银山。由于休山,古老传统的银产业被完整地保存下来,成为如今的看点。充满情调的矿山城镇风情也是值得一看之处。

基本信息:

名称:石見銀山遺跡とその文化的景観
地址:岛根县
入选时间:2007年
属性:文化遗产

网友评价:

銀山公園から遊歩道を歩いて龍源寺間歩へ向かいました。途中、今年の大雨で歩けない場所がありましたが、標識が完備されているので安心です。遊歩道は自転車乗り入れができませんので途中の史跡を見学しながらゆっくりと散策を楽しめました。ワンコインガイドもありますが、説明標識が完備されているので自分のペースで歩けます。多くの方はレンタルサイクルで車道を走って間歩を目指しますが、歩いて時代を感じることをお勧めします。

从银山公园沿着游步道走向龙源寺,途中遇到了今年的雨期,有无法步行的地方,因为标识很完善,所以安心了。由于游步道不能骑自行车,所以一边学习途中的历史遗迹,一边享受闲庭漫步。既有投币导航,也有齐全的说明标识,所以能够按照自己的节奏前行。虽然很多人租借自行车沿着车道往龙源寺间步走,但更推荐以走路的方式感受时代。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

2017年03月28日00点00分 : 摆一
0
参与越多,收获越多!
评论: 评论加载中...