日本的送礼传统(二)

 难度:适中  作者:heioheio 译  来源:madameriri    划词:已禁用   收藏
编辑点评:日本是一个经常送礼的国家,因为在日本许多事情是可以值得被庆祝的,我们也知道日本送礼并不在乎价值的高低,那么日本送礼与其它国家到底有什么不同呢?

外国人がなかなか馴染むことができない日本の習慣の一つに、贈り物の習慣がある。外国人が日本で生活していくなかで、日本の贈り物の習慣はもはや文化であり、贈り物をする頻度も海外に比べて格段に多い。お正月のお年玉、暑中見舞い、お歳暮の定期的な贈答、それに加え、クリスマス、バレンタイデーなど。また、近くに子供が生まれれば、出産祝いに始まり、七五三、入学祝、卒業祝、成人式、結婚、入学試験の合格祝、新築祝などなど。さらに頻度が多いだけでなく、日本では贈り物のマナーが厳しく、暗黙のルールも多いため、日本の生活や文化に慣れていない外国人にとってはかなりややこしい習慣なのだ。それでは具体的に、日本の贈り物文化のどういうところが外国人から見てわかりにくいのだろうか。

外国人难以适应的日本习惯之一就是送礼的习惯。外国人在日本生活时,在日本送礼的习惯已经成为了其文化之一,送礼的频率与国外比起来要多得多。新年、夏天最热的时候、年末的定期送礼,还有圣诞节、情人节之类的。还有,如果生了孩子,从祝贺出生开始,后面有七五三、庆祝入学、庆祝毕业、成人仪式、结婚、庆祝进入大学、庆祝搬新家等等。甚至不仅次数繁多,日本送礼的规矩也很严格,默认的规矩也很多,因此对于还没有适应日本生活和文化的外国人来说送礼是件很复杂的事情。这次我们就来具体说下,日本送礼文化的那个方面是外国人看来是难以理解的。

お土産

土特产

日本は海外に比べてお土産産業が大きく、お土産の種類や数なども多岐にわたる。それは日本人がどこか旅行に行った時に必ずと言っていいほど「お土産」を買っていくからだ。もちろん、海外の人もお土産を贈ることはあるが、仲のいい友人や家族に買っていくという人が一般的だ。欧米人にとってのお土産は「思いがけないプレゼント」であり、日本人にとってのお土産は「通過儀礼として贈り物」というイメージを持っている人が多いようだ。

比起国外日本的土特产产业更庞大,土特产的种类和数量也很多。因为日本人不管去哪里旅行必定要去买一些当地的土特产。当然,国外人也会送些土特产,一般都是给关系好的朋友或者亲人买。对于欧美人来说土特产是意想不到的礼物,而对日本人来说,土特产是到过一个地方时必须要买的馈赠礼物,有这样想法的人很多。

開けてもいい?

可以打开吗?

日本では、プレゼントを開けるタイミングは人によって様々である。プレゼントをあげた人のために、その場で開けてリアクションを見せた方が好印象だという意見もあるが、反対にプレゼントを貰って喜ぶリアクションを強要することになるので避けるべきだという意見もある。もらったその場ですぐに開けたいという人もいれば、うまくリアクションがとれないので後で一人になったときに開けたいという人もいる。いずれにせよ、プレゼントをもらってその場で開ける場合は、一言「開けてもいい?」と聞くのが無難だと思う。

在日本,根据对方身份打开礼物的时机也不一样。作为送礼的人,有人认为收礼人当场打开礼物会比较好,相反也有人认为为了强调收到礼物的惊喜,应该回避当场打开礼物。有收到礼物立即打开的人,也有因为无法给出好的反应之后一个人的时候再打开礼物的人。不管如何,收到礼物如果想要当场打开,问一句“我能打开看看吗”也没有什么大问题。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

小编的话:

送礼也是大学问,不同的国家有不同的规矩,不做点了解是无法理解他们的礼仪习惯。

相关阅读:
日本的送礼传统(一)

2017年03月12日00点00分 : 小坛
0
参与越多,收获越多!
评论: 评论加载中...