• [读写译] 日语文学作品赏析《永日小品》

    元日 雑煮(ぞうに)を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。そのうちの一人がフロックを着ている。着なれないせいか、メルトンに対して妙に遠慮する傾(かたむ)き...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《満韓ところどころ》

    一 南満鉄道会社(なんまんてつどうかいしゃ)っていったい何をするんだいと真面目(まじめ)に聞いたら、満鉄(まんてつ)の総裁も少し呆(あき)れた顔をして、御前(おまえ)もよっぽど馬鹿だなあ...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《文芸とヒロイツク》

    自然主義といふ言葉とヒロイツクと云ふ文字は仙台平(〔せんだいひら〕)の袴と唐桟(〔とうざん〕)の前掛の様に懸け離れたものである。従つて自然主義を口にする人はヒロイツクを描かない。実際そんな形容...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《博士問題とマードック先生と余》

    上 余(よ)が博士に推薦されたという報知が新聞紙上で世間に伝えられたとき、余を知る人のうちの或者(あるもの)は特に書を寄せて余の栄選を祝した。余が博士を辞退した手紙が同じく新聞紙上で発表さ...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《門》

    一 宗助(そうすけ)は先刻(さっき)から縁側(えんがわ)へ坐蒲団(ざぶとん)を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐(あぐら)をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《『東洋美術図譜』》

    偉大なる過去を背景に持っている国民は勢いのある親分を控えた個人と同じ事で、何かに付けて心丈夫(こころじょうぶ)である。あるときはこの自覚のために驕慢(きょうまん)の念を起して、当面の務(つとめ...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《草枕》

    一 山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。とかくに人の世は住みにく...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《『三四郎』予告》

    田舎(ゐなか)の高等学校を卒業して東京の大学に這入(はい)つた三四郎が新しい空気に触れる、さうして同輩だの先輩だの若い女だのに接触して色々に動いて来る、手間(てま)は此(この)空気のうちに是等...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《琴のそら音》

    「珍らしいね、久しく来なかったじゃないか」と津田君が出過ぎた洋灯(ランプ)の穂を細めながら尋ねた。 津田君がこう云(い)った時、余(よ)ははち切れて膝頭(ひざがしら)の出そうなズボンの上で、相馬...

    2010-01-06 00:00
  • [读写译] 日语文学作品赏析《処女作追懐談》

    私の処女作――と言えば先(ま)ず『猫』だろうが、別に追懐する程のこともないようだ。ただ偶然ああいうものが出来たので、私はそういう時機に達して居たというまでである。 というのが、もともと私には何を...

    2010-01-06 00:00