日语中「羽」和「羽根」的区别
作者:ウサギ译|来源:chigai-allguide|2017年01月08日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記は使い分けされている。

在鸟类学中,“羽”和“羽根”的使用是没有区别的,全部都用“羽”来表示,而一般来说,“羽”和“羽根”的表达方式还是有所区别的。

「羽」と書くのは、鳥の全身を覆う軽い毛、鳥や昆虫が飛ぶための器官(昆虫の場合は「翅」とも書く)、翼状のもの。

写作“羽”时,表示覆盖在鸟全身的轻量的毛,以及鸟类及昆虫为了飞行的器官(昆虫的话,还会写作“翅”),像翅膀那样的。

「羽根」と書くのは、鳥や昆虫の体から抜けた羽や、羽を加工したもの、またそれに模したものである。

而写作“羽根”时,则是指从鸟类及昆虫身上拔掉的羽毛以及羽毛加工而成的东西,或者是模仿羽毛的东西。

「はねを伸ばす」や「はねを休める」は、鳥の翼にたとえた言葉なので、「羽を伸ばす」「羽を休める」と書く。共同募金の「赤いはね」は、1本になっているので「赤い羽根共同募金」。バドミントンや羽子板の「はね」も「羽根」である。

如“はねを伸ばす”“はねを休める”,都是形容鸟翅膀的语词,所以写作“羽を伸ばす”(自由自在)“羽を休める”(休憩)。公共募捐的“赤いはね”,因为已是一个完整的个体,所以写作“赤い羽根共同募金”。还有羽毛球和毽子板的“はね”也是写作“羽根”的。

飛行機の「はね」は翼状になっているため「羽」と書くが、ヘリコプターのプロペラや扇風機の「はね」は翼状でないため「羽根」。トンボの「はね」は「羽(翅)」だが、竹トンボの「はね」は「羽根」と書く。

飞机的“はね”是翅膀状的,所以写作“羽”,而直升机的螺旋桨和风扇的“はね”并非是翅膀状的,所以写作“羽根”。蜻蜓的“はね”是翅膀,写作“羽(翅)”,而竹蜻蜓的“はね”就得写成“羽根”了。

掛け布団の「はね」は、バラバラになった羽が加工されたものなので、普通は「羽根」と表記するが、鳥の全身に生えている毛のような役割をするものという観点から、「羽」と書かれることもある。

被子的“はね”,则是散开的羽毛加工而成的东西,所以一般用“羽根”来表示,但从作为鸟全身生长着的羽毛这一点来考虑,也有写成“羽”的情况。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关阅读推荐:

你搞得清“を”的发音到底是怎样?

路地、路地裏、裏路地与横丁的异同

相关热点: 日语词汇实用词汇主题日语学习标准日本语课文

5
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP