11月11日(ブルームバーグ):中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングはさほど知られていない中国の祭日を同国最大の買い物イベントに変えた。同社は11月11日の「光棍節」(独身者の日)のイベントの成功を、カルバン・クラインやブルー・ナイルといった海外ブランドを活用して国際化することを目指している。

11月11日:中国电商企业,阿里巴巴集团控股将几乎无人所知的这个日子里,变成了该国最大规模性的购物狂欢节。阿里巴巴因双十一的成功,有效利用了Calvin Klein,Blue Nile等国际品牌,将国际化作为下一个目标。

11日のイベントに初めて参加する海外企業はコストコ・ホールセールやオリジンズ・ナチュラル・リソーシズ、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズなど。アリババは独身者の日の売上高が昨年の350億元(約6600億円)を上回ると見込んでいる。

此次双十一首次引进的国际品牌有:Costco,American Eagle Outfitte等,营业额预计将超于去年的350亿元(约6600亿日元)。

アリババはウェブサイトで、11日の最初の20分間に10億ドル余りの売り上げがあったと発表。昨年はこの水準に達するのに1時間を要したという。

11日凌晨20分,内阿里巴巴网站便突破了交易额10亿美元,去年达到此额度是在一小时之后。

中国共産党機関紙、人民日報によれば、中国の独身者の日は1990年代に同国の学生らが1が並ぶ11月11日を独身者の日としたことが始まりとされる。

中国共产党机关报,人民日报所述:90年之后该国的学生们把阿拉伯数字1并排在一起,形似四根棍子样子,中国的光棍节由此产生。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关阅读:

双十一日本人过28个节 “11”是幸福的情侣