文化周内 古典之日

沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习。

千年近くも昔、たいそう読書好きの少女がいた。世は平安時代、書物は希少だ。少女は等身大の仏像を造り「あるだけの物語を全部読みたい」とひたすら願う。菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)と呼ばれる人で、その「更級日記」に愛書ぶりが詳しい。

在将近千年的从前,有一位非常喜爱读书的少女。当年,世处平安时代,读物稀缺。这位少女便塑造了一尊等身的大佛像,并执著地祈愿“读毕所有的故事”。这位名叫菅原孝标女(sugawarano takasueno musume)的人,在那部“更级(sarasina)日记”中详细地叙述了她那喜爱读书的热情。

上洛し、憧れの源氏物語を全巻もらうと天にも昇る心地になる。「間仕切りの中に伏して一冊ずつ読む喜びといったら、の位も比ではない」と書き、「昼はずっと、夜は目の覚めている限り、灯を近くにともして」読みふけった。そんな少女が、喜んでいよう。

当来到了京城,并获得了向往已久的源氏物语全卷时,就像是一步登了天似的心境。日记中写道,“在隔开的斗室中,在一册一册地伏案阅读中获得的喜悦,即便是皇后的地位也不堪对比”,“白昼间读书不止,夜晚只要不睡觉,便在身旁点上一盏灯”,完全被书中的情节所深深吸引。可见此女读书之热情何等高涨。

今年から、11月1日が「古典の日」になった。1008(寛弘5)年のこの日、源氏物語をめぐる記述が「紫式部日記」に初めて出てくる。それにちなんで法律で定めた。読書週間のほぼ真ん中、翌々日は文化の日と、日取りはいい。

从今年开始,11月1日被定为“古典日”。早在1008(宽弘5)年的这一天,有关源氏物语的记载第一次在“紫式部日记”中出现,因为这层关系,依法作出了这个决定。这一天正好处于读书周的正中间,日后的第三天便是文化日,日子定得很不错。

文学の古典ばかりではない。音楽、美術、伝統芸能などを広くとらえて、歳月に朽ちない輝きに親しむ趣旨だという。汲(く)めども尽きない泉なのに、飲まず嫌いはもったいない。

其实,这一决定的宗旨是让人们去感受那些并不能随着岁月而腐朽,永远光辉灿烂的文化,其中并不只局限于古典文学,还广泛地涵盖音乐、美术以及传统艺术和技能等等。如此取之不尽的源泉,不亲自饮用品尝便一口拒绝,实在是太可惜了。

とはいっても、とっつきにくいのが古典というもの。「桐壺(きりつぼ)源氏」という言葉があって、源氏物語を読み始めたが冒頭の「桐壺」の巻で投げ出すことを冷やかして言う。せっかくの日を尻すぼみにさせないために、親しみ、楽しむ工夫が大事になる。

话虽如此,可最不易理解的还得说是古典。有一句话叫“桐壶源氏”,就是讽刺嘲笑那些刚开始阅读源氏物语开头部分的“桐壶”卷时便一抛了之的行为的。为了不让这好容易定下的日子以至于有始无终,在亲近、感受等方面多下些功夫还是很重要的。

源氏よりは通読者が多いだろう「徒然草」が言っている。<ひとり、燈(ともしび)のもとに文をひろげて、見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰むわざなる>。古典の醍醐味を、古典が教えてくれる。

相对于源氏,通读者恐怕更多一些的“徒然草”一书说道,《独自一人,灯下打开书文,与此不曾谋面者结交成友吧,这便是最好的陶冶情操之举》。古典中的妙趣,还是得由古典来告诉我们。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

天声人语系列文章一览>>>