【日本民间故事】神仙眷侣
作者:小尾巴译|来源:福娘故事集|2011年04月19日 09:42
  • 双语
  • 中文
  • 日语


むかしむかし、あるところに、とても腕の良い大工さんがいました。

很久很久以前,有个地方,有个木匠技艺高超。

でもこの大工さんには、まだお嫁さんがいません。

但是这个木匠还没有娶妻。

そこで同じ村のきれいな娘さんに、「ぜひ、わたしの嫁になってください」と、お願いしたのです。

所以就向同村的美丽女子求婚「请一定要嫁给我啊」

すると娘さんは、嫁になるのを断る為に、「たたみが六十枚もある、大きな家を一日で建てる事が出来たら、あなたの嫁になりましょう」と、出来もしない事を言ったのです。

可是,那女子为了拒绝他就提了不可能完成的条件「如果一天内能造出有60张榻榻米的大房子来,就嫁给你」

しかし大工さんは、どうしても娘さんをお嫁にしたかったので、「わかりました。何とかして、一日で家を建てましょう」と、言ったのです。

但是木匠无论如何都想娶那女子为妻,就说道「明白了。无论如何会在一天之内建好房子的」

(弱ったな。ああは言ったが、どうしよう?)大工さんは仕方なくワラ人形を二千個も作って、何やら呪文を唱えました。

(可真为难啊。虽然夸下海口了,可是要怎么办呢?)木匠没办法,就做了二千个稻草人,念起了咒语。

そしてワラ人形にフゥーーーッと、息をかけると、不思議な事にワラ人形はたちまち人間の大工さんになって、あっという間にたたみが六十枚もある大きな家を建てる事が出来たのです。

而对着稻草人吹了口气后,不可思议的事情发生了,稻草人不久就变成了木匠,不一会就建好了有60张榻榻米的大房子。

大工さんは大喜びで、さっそく娘さんのところへ行くと言いました。「約束通りに家を建てたから、わたしの嫁になってください」

木匠欣喜若狂,立刻去女子地方对她说道「按照约定建好了房子,请嫁给我吧」

「本当に?」娘さんが行ってみると、そこには大きくて立派な家が建っています。

「真的吗?」女子去看了一下,看到那里有座很气派的房子。

中を見ると、ちゃんとたたみが六十枚あります。「わかりました。あなたの嫁になりましょう」こうして娘さんは、大工さんのお嫁さんになりました。

看了一下里面,里面的确有六十张榻榻米。「我知道了。我嫁给你」就这样,女子就嫁给了木匠。

大工さんとお嫁さんは、大きな家で仲良く暮らしました。

木匠和妻子就在大房子里过着幸福的生活。

そして二千人の大工さんたちは、日本中に散らばって、家を建てたり橋をつくったりしました。

而那两千个木匠们散落在日本各地,造房子,造桥等。

ところが何年か過ぎた頃、お嫁さんが大工さんに言いました。「今まで黙っていましたが、わたしは天の国に戻らなくてはなりません。実はわたしは人間ではなく、天の国から来た天人(あめひと→天から来た人)なのです」

可是不知过了几年后,妻子对木匠说道「我一直都没对你说,可是现在我必须回天国去了。其实,我不是人类,我是从天国来的仙女」

すると、大工さんも言いました。「実はわたしも、人間ではありません。わたしはてんごという大工の神です。それでは一緒に、天の国へ行って暮らしましょう」

听她这样一说,木匠也说道「其实,我也不是人类。我是木匠神。那就一起去天国生活吧」

こうして大工の神さまと天人は、天高く登っていきました。

就这样,木匠神和仙女一起飞上了天。

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关热点: 日本民间故事阅读主题日本工作

17
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢
 
发表评论
22个人发表评论
发表评论
文明评论 理性发言
精华评论
  • Shinpoppo
    好雷的结局。。。
最新评论
加载更多评论

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP