大学と専門学校の違いは、教育課程の差と、それに紐づいた身に着けられる知識や教養の種類の差にあります。一般的な大学は4年制(医学部など一部は6年制)となっており、教育課程を終えることで学士、修士、博士などの学位が授与されます。専門学校の教育課程は短いもので1年、長いものだと4年以上となっています。専門学校で学んで卒業することで、特定の資格が取得できたり、受験資格が得られたりするのが大きな特徴です。
大学和专门学校的不同在于教育过程的差异,和与之相关联的掌握的知识还有教育类型。一般的大学为4年制(医学专业等一部分为6年制),完成规定课程后学生被授予学士、硕士、博士等学位。专门学校的教育课程短则1年,长则4年以上。在专门学校学习毕业后,能够获得特定的资格证书或者获得考试资格是其最大的特点。

高校生だとまだ将来のビジョンが明確でないことが多いですし、高校卒業後に大学に進学するか、専門学校に進学するか迷う人も多いでしょう。では、大学と専門学校の特徴やそれぞれの違いはどんなことが挙げられるのでしょうか。また、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのかも気になるところ。そこで今回は、大学と専門学校の特徴と違いについてまとめてみました。
高中生大多还没有明确未来的发展方向,还有很多人在高中毕业后会犹豫是上大学还是上专门学校。那么,大学和专门学校的特征和各自的不同有哪些呢?另外,各自的优点、缺点也是大家在意的。于是这次就大学和专门学校的特征和不同我们进行了总结。

■大学と専門学校の特徴は? 学べることの違いは?
■大学和专门院校的特点有哪些?学习的内容区别有哪些?

●大学の特徴
●大学的特点

大学は、「学術的な研究を行う高等教育機関」です。学科・学部などが定められてはいるものの、自身の選択次第で幅広い知識とさまざまな教養を身に付けられるのが大きな特徴です。もちろん一つの分野に絞って専門的な知識を身に付けることも可能。学問、教養以外に課外活動も豊富です。
大学是进行学术研究的高等教育机关。虽然划分了学科、学部等等,但是学生可以根据自己的选择掌握广泛的知识和素养是最大的特点。学生当然也可以集中于一个领域学习专业的知识。除了学问、素养以外,大学的课外活动也很丰富。

●専門学校の特徴
●专门院校的特点

専門学校は、高等教育機関のうち、「専門課程を置く教育機関」のことです。例えば、看護の専門課程のあるものは「看護専門学校」ですし、料理の専門課程のある学校は「料理専門学校」です。こうした専門課程のない学校は、専門学校と名乗ることはできません。
专门学校是指高等教育机构中的设置有专门课程的教育机构。例如,有护士专门课程的是“护士专门学校”,有烹饪专门课程的学校是“料理专门学校”。没有这些专业课程的学校则不能自称是专门学校。

大学と専門学校はこのような特徴があります。大学は「幅広い知識を学ぶところ」、専門学校は「専門的な知識を学ぶところ」と考えるとわかりやすいですね。
大学和专门院校各自有以上的特征。大学是“学习广泛知识的地方”,专门学校是“学习专业知识的地方”,这样想会比较容易理解。

●大学のメリット
●大学的优点

・幅広い知識と教養を身に付けることができる
·能够掌握广泛的知识和素养

・就職の際の選択肢が多い
·就业的选择多

・専門的な研究ができる
·能够进行专业的研究

・大学の教育課程でのみ取得できる資格がある
·只有在大学教育课程中才能取得的资格

・4年制(または6年制)のためスケジュールが緩やか
·4年制(或者6年制)的原因,学习日程紧

・自分でスケジューリング可能な部分が多い
·有很多自己可调节的部分

大学のメリットの中で注目したいのが、「就職の際の選択肢が多い」ことです。新卒採用、中途採用共に大卒を条件にしている企業が多いため、大学に進むことで職業選択の幅が広がります。また、カリキュラム内容も自分でスケジューリングできるため、在学中に違った学科の分野を学ぶことができるのも魅力です。
大学的优点中,值得注意的是“就业时的选择很多”。由于很多企业都以大学毕业为条件录用应届毕业生和中途录用毕业生,所以进入大学之后,工作的选择就会变宽。另外,因为课程内容可以自己调节,所以在大学期间能够学习其他学科也是其魅力所在。

●大学のデメリット
●大学的缺点

・教育課程が長い分、学費が高くなる傾向にある
·接受教育课程越长,学费越高

・専門職への就職が難しい
·专业技术方向上的就业很难

・専門性の高い免許・資格の取得が難しい
·很难取得专业性高的资格证

・スケジュールの管理能力が問われる
·日程的管理能力很重要

大学のデメリットとしては、学費が高くなることがまず挙げられます。私立大学だと年100万円以上必要であることがほとんどですので、4年間通うとすれば単純に400万円以上の学費が必要です。また、職業選択の幅が広がるものの、特定の専門職に就きたい場合は、一般大卒だと難しいこともあります。
大学的缺点是学费会上涨。大多数私立大学一年要花费100万日元以上,所以如果上4年的话,需要400万日元以上的学费。另外,虽然选择职业的范围会变大,但是想要找到特定的专门工作的话,对于大学毕业的学生一般来说很难。

続いて専門学校のメリット・デメリットです。
接下来是专门院校的优缺点介绍

●専門学校のメリット
●专门学校的优点

・目的に応じた専門的かつ実践的な学習ができる
·能够进行专业而实践性的学习

・就職率が高い
·就业率高

・教育課程が短期間で済む場合が多い
·教育课程在短时间内结束的情况很多

・専門性の高い資格が取得できる
·可以取得专业性高的资格证书

・特定の業種・職種の業界とのパイプが作れる
·能够与特定行业、行业的行业接轨

専門学校のメリットとしてこうしたことが挙げられます。料理学校なら調理師、美容学校なら美容師など、特定の職業への就職がスムーズであることは大きなメリットです。とにかく特定の業種に絞っているのならば、これ以上ないメリットばかりでしょう。
专门学校的优点有以上几点。从料理学校毕业的话就时厨师,从美容学校毕业的话就是美容师等,能顺利就业到对应职业是一大优点。总之能进入特定的行业就是最大的优点

●専門学校のデメリット
●专门学校的缺点

・短期間の教育課程のためスケジュールが慌ただしい
·由于是短期教育课程,日程不紧凑

・在学中の方向転換が難しい
·在校期间难以转换学习方向

・専門学校によっては学費が非常に高額になる
·专门学校学费会特别高

・大卒を条件とする企業が多く、一般職の就職が難しい
·以大学毕业为条件的企业很多,一般很难找到工作

デメリットとしては、まず慌ただしいスケジュールが挙げられます。教育課程が短期間ならば、それだけ短い時間で学び、吸収しないといけませんから、なかなか余裕ができません。また、料理の専門学校に通っている中で別分野に興味が出たとしても、方向転換が容易ではありません。何かに特化した内容であるため、汎用(はんよう)性に乏しいことはデメリットといえます。
缺点的话,首先应该就是日程不紧凑。因为教育课程是短期的,在这么短的时间内学习和吸收内容,很难顺利地掌握专业。另外,在料理专门学校学习的时候,如果对其他领域产生了兴趣,也很难转换学习方向。因为学习的是特定的技能,所以说缺乏通用性是其缺点之一。

もし、「将来こんなことがしたい」など特定の職業の就職を希望しており、その業界の専門学校があるのならば、大学ではなく専門学校に進む方がメリットが大きいといえます。あまり将来像が固まっていないのなら、専門学校よりも大学に進む方が、何か目的が定まったときに方向転換しやすいですね。進路を決める際は、今回紹介したメリットとデメリットを踏まえて、考えてみてはいかがでしょうか。
如果希望将来能从事“将来想做这样的事情”等特定职业的话,选择上专门院校也许比上大学更好。如果对未来的发展还不太明确的话,就在大学里确定自己方向。在你决定前路的时候,可以根据这次介绍的优点和缺点试着考虑一下。

将来の進路を考えるうえでは、さまざまな職業について知って選択肢を広げることも役に立ちます。まだなりたい職業が見つからない……という人は、「職業診断」を試してみたり、「職業一覧」を見てみたりして、知見を得るのがおすすめです。
既然要考虑将来发展道路,就还要了解各种各样的职业。还没找到想从事的工作的话,我推荐有这样想法的人去试试“职业诊断”,看看“职业一览表”,从而得到自己的答案。

本内容为沪江日语原创,严禁转载。

相关推荐

东京外语专门学校学校介绍确定

去日本留学都有哪些热门专业可以选择?