必死に生きてこそ、その人生は光を放つ

正因拼命活着,人生才绽放光芒

こちらは織田信長の名言で、必死に生きて、現実に立ち向かうその姿の素晴らしさについて教えてくれる名言で、座右の銘としている方も多いです。

这是织田信长的名言,告诉我们努力活着,与现实对抗的姿态是多么值得称赞的名言,很多人将其作为座右铭。

【例文】

我々は、たった一度の人生を生きているので、悔いの無い人生を生けるように努力しなければなない。必死に生きてこそ、その人生は光を放つから。

因为我们只有仅此一次的人生,所以为了不留遗憾要努力奋斗。正是拼命地活着,人生才会绽放光芒。

重点词汇

放つ[はなつ]

① 動物などを拘束せずに自由に行動させる。

① 放。让拴着或圈着的动物获得自由。

例:

虎を野に放つ。

放虎归山。

② 矢・弾丸、また自体が光・音・においを発する。

② 发射箭,子弹。又或是物体本身发出光,声音,气味。

例:

第一弾を放つ。

放第一枪。

声を放って泣く。

放声大哭。

③ 派遣する。送り出す。

③ 派遣。

例:

スパイを放つ。

派遣特务。

④ 『火を放つ』火をつける。放火する。

④ 放火。

例:

城に火を放つ。

火烧城堡。

本内容为沪江日语原创翻译严禁转载。