基本的にシャワーで済ませて、浴槽につかるのは週に数えるほど……という人も多い。でも、じつはその入浴習慣が、あなたの“健康寿命”と大いに関係しているのです――。

 基本上很多人是选择淋浴来清洁身体,而每周泡澡的次数屈指可数。但实际上泡澡的习惯和人们的“健康寿命”密切相关。

《1週間に7回以上湯船につかって入浴する高齢者は、週2回以下の人に比べて、要介護認定リスクが約3割減少する――》

《相较一周泡澡不足两次的老年人,一周超过7次的人需要看护认证的风险会小30%——》

*2000年启用的看护保险制度,在接受看护保险服务前,需要基于身体状态,对是否需要看护进行认定。


これは先日、千葉大学の研究チームが発表したデータ。研究では、要介護認定を受けていない65歳以上の男女1万3,786人を3年間にわたって追跡調査した。研究チームの一員で東京都市大学教授の早坂信哉先生は次のように話す。

日前,千叶大学的研究团队发表了相关数据。此次研究针对1万3786名没有接受看护认证的65岁以上的男女,进行了长达3年的追踪调查。东京都市大学教授早坂信哉先生作为研究团队中的一员,发表了如下讲话。

「湯船につかると、温熱効果のほか、水圧によって全身がマッサージされたような静水圧作用と、水の中で重力が軽くなる浮力作用が得られます。このほかにも入浴にはさまざまな作用があるので、この結果はある程度想定されていましたが、初めて臨床で証明されたことになりました。日本人は長時間労働、高い喫煙率といった傾向があるにもかかわらず長寿であることは世界的にも不思議だと捉えられてきました。この調査結果から、要因の一つとして、入浴の習慣が関係していると考えることができます」

“泡澡,除了有温热效果之外,还能有因水压产生的仿佛全身被按摩的静水压力作用以及重力在水中变小的浮力作用。泡澡有各种益处,所以泡澡对身体有益是人们设想到的结果,不过这是首次在临床上得到验证。尽管日本人有长时间劳动,吸烟率高的倾向,但日本人仍很长寿,这令全世界都觉得不可思议。根据这次的研究结果,我们可以认为其中一个重要的原因与泡澡习惯密切相关。”

「老化現象の主な原因は血流不足にあります。お風呂で体が温まると、血管が拡張し、末端にまで血液が流れるようになるため、体の隅々まで血流が改善されます。それにより、全身に酸素が運ばれて、疲労物質を取り除くといった効果があるのです。同時に筋肉の緊張がほぐれるほか、神経の過敏性が抑えられ、膝痛、腰痛といった痛みを和らげる効果が得られます。さらに、血流の改善によって関節の可動域が広がり、体の柔軟性が増します。体が動きやすくなるので、転倒による骨折などの日常生活における事故を防ぐことにつながるのです。また、これは現在研究中なのですが、入浴の習慣は認知症の予防・改善にも効果をもたらすと期待することができます」(早坂先生・以下同)

“老化现象的主要原因在于血液循环不通畅。通过泡澡能让身体热起来,扩张血管,让血液能够顺畅·流到血管末端,因此能改善身体各处的血液流动情况。通过血液的流动,把氧气运送到全身,有消除疲劳物质的功效。在缓解肌肉紧绷的同时,还有抑制神经性过敏,缓和膝盖疼痛、腰痛的效果。甚至,通过血液流动的改善能够扩大关节的可活动范围,增加身体的柔软度。然后因为身体变得能够灵活活动,在日常生活中能够避免因为摔倒造成的骨折之类的事故。另外,虽然还不确定,但研究者正在研究,泡澡的习惯对预防和改善痴呆的效果。”(早坂先生,下同)

だが、血圧が高めであるなどの理由から、湯船につかることを避けている人もいる。

但也有因为血压高等原因,不能泡澡的人。

「私の患者さんにもそのことを懸念してお風呂を我慢している人がたくさんいました。しかし、今では『高血圧の人でもお風呂に入れます』と言えます。むしろ、高血圧気味の人ほどリラックス効果が期待できるのです。ただし、お湯の温度は40度以下で、熱すぎるお湯はおすすめしません。また、最高血圧が160mmHg以上、最低血圧が100mmHg以上の人は健康上のリスクがありますので、血圧が安定してからにしてください」

“我负责的患者里面也有很多因为担心,忍住不泡澡的人。但现在可以说“即使是患有高血压的人也能泡澡”了。甚至,越是有高血压症状的人越能通过泡澡获得放松效果。但是,建议水温不要过高,热水的温度需要设置在40摄氏度以下。另外,最高血压在160mmHg以上,最低血压在100mmHg以上的人有健康风险,请在血压稳定之后再泡澡。”

この季節、特に気をつけたいのが、血圧が急激に上下することによって脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患を引き起こす「ヒートショック」。冬はリビング、脱衣所と浴室の温度差が大きいため起こりやすくなる。脱衣所の室温や、お湯の設定温度には十分に気をつけよう。

这个季节特别需要注意的是,由血压剧烈波动造成的热休克反应,会引发脑中风及心肌梗塞等循环器官疾病。冬天客厅、更衣室和浴室之间的温差很大,很容易触发这种情况。请仔细留意更衣处的室温和热水的设置温度。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:为何日本人泡澡时要把毛巾放头上?