友情努力胜利外:少年JUMP另一大主题
作者:佐佐家的小黄鸡译|来源:blogos|2017年07月21日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

『週刊少年ジャンプ』の7月17日号が発売されて以降、「ゆらぎ荘の幽奈さん」(ミウラタダヒロ=作)の「お色気」描写をめぐってネット上で論争が起きていた。同作品は、「ゆらぎ荘」を舞台に、霊に憑依されやすい主人公と、ヒロインの地縛霊をめぐるラブコメディだ。

《周刊少年JUMP》7月17日发售以来,在网上围绕着《摇曳庄的幽奈小姐》(三浦忠弘作)中对于“色气”的描写起了争论。该作品以摇曳庄为舞台,是一部围绕着容易被灵附身的主人公,和身为地缚灵的女主们的恋爱喜剧。

問題になった号では、水着が脱げかかった女性キャラ達が巻頭カラー見開きで登場し、人気投票の結果と共に紹介されていた。こうした「お色気」描写を、「成人コミックかと思った」「昔のジャンプはこんなんじゃなかった」と批判する人も少なくなかったが、本当にそうなのだろうか。(取材・文:河嶌太郎)

引发争议的那一期,在卷头彩版扉页上出现了脱掉泳衣的女性角色们,并一起介绍了人气投票的结果。这种“色气”的描写,有不少人批判“还以为是成年人的漫画”“以前的JUMP才不是这样的”,但真的是这样吗?(取材・文:河嶌太郎)

「ハレンチ学園」はもっと過激だった

《无耻学园》更加过激

「週刊少年ジャンプ展VOL.1」における「ハレンチ学園」の展示

《周刊少年JUMP展VOL.1》上的《无耻学园》板块的展示

7月14日、森アーツセンターギャラリーで18日から開催される「週刊少年ジャンプ展VOL.1」の内覧会に出席した。この展覧会は、週刊少年ジャンプが来年で創刊50周年を迎えることを記念したもので、創刊から1980年代の歴代漫画作品の原画などが展示されている。

7月14日,出席了森艺术中心画廊18日起开办的《周刊少年JUMP VOL.1》的内展会。这个展览会是为了纪念周刊少年JUMP在来年将迎来创刊50周年所举办的,展示了从创刊开始1980年代的历代漫画作品的原画。

1968年から1972年にかけて連載された、永井豪の「ハレンチ学園」も展示されていた。展示を見てもワンピースの女性のスカートが頭までまくり上げられる様子や、水の中から女性が全裸で飛び上がる様子

从1968年开始连载到1972年,永井豪的《无耻学园》也被展示了。光看展示,就能赫然看到穿着连衣裙的女性的裙子被全部掀起的样子,和水中女性全果出镜的样子,和全果的女性被公主抱时候的样子 。

こうしたものを見ると、少なくとも「昔のジャンプはこんなんじゃなかった」という批判は当てはまらないことがわかる。「ゆらぎ荘の幽奈さん」では水滴が飛んでいたり、衣服の破片が散っていたりしており、肝心の部分は描かれていない。そのため"昔のほうがひどかった"とも言える。

这样看来,至少,“以前的JUMP不是这样的”这一点批判并不准确。《摇曳庄的幽奈小姐》里虽然有水滴飞溅,衣服破开的画面,但最重要的部分并没有画出。所以,可以说“以前的更加过分”。

「週刊少年ジャンプ展VOL.1」ではこうした漫画の歴史まで実直に伝えている。テレビにおいても、1990年代までは女性の乳房がゴールデンタイムでも平然と露わとなっていた。それが現代では自主規制が進み、女性だけでなく男性も露出表現が自粛される傾向になっている。

在“周刊少年JUMP展VOL.1”上这样将漫画的历史直接表现出来了。电视方面也是,1990年代女性的乳房在黄金时段露出还是很平常的。现代由于自主规制的进步,不仅仅是女性,连男性的露出也有自肃的倾向。

「スカートめくり」から「ラッキースケベ」へ

从“掀裙子”到“幸运色狼”

"エロ"の性質自体も変化しつつある。かつては「スカートめくり」といった能動的な行いだったものが、「ラッキースケベ」という受動的なものに変わりつつある。「ラッキースケベ」とは、例えば部屋のドアを開けたら女性キャラが着替え中であったとか、転んだ拍子に女の子の胸などを触ってしまうという、主人公の不可抗力的な行いを指す。

“好色”的性质自身也在发生变化。过去“掀裙子”这一能动的行为,向“幸运色狼”的被动态变化了。“幸运色狼”是指,比如女性角色在换衣服时碰巧房门大开,在跌倒的过程中碰到了女孩子的胸之类的,主人公的不可抗力的行动。

ここから"お家芸"のごとくエスカレートし、週刊少年ジャンプで2006年から2009年にかけて連載されていた「To LOVEる」(矢吹健太朗=作)では、主人公が転んだ拍子にヒロインのスカートの中にまで頭を突っ込むようになった。

这里可以称为“绝技”也在不断升级,周刊少年JUMP在2006年到2009连载的《出包女王》(矢吹健太朗作)中,主人公在跌倒时头部刚好摔进了女主的裙子中间。

もちろん、少年誌としてエロ描写は相応しいのかという議論は永遠に尽きないであろう。児童ポルノ法が成立したように、二次元における性的な描写は今後も規制の方向に向かうかもしれない。週刊少年ジャンプにおいて、メインテーマは一般に「友情・努力・勝利」の三本柱だとされる。だが、「エロ」という一つの伝統もあることは忘れてはならないだろう。

当然,作为少年杂志对于工口的描写是否妥当,这种争论会永远继续下去吧。因为成立了儿童情色法,在二次元中性的描写也许是今后规制的方向。周刊少年JUMP的三大主题虽是“友情、努力、胜利”。但是“工口”也是一个不能忘记的传统主题。

本翻译为沪江日语原创,禁止转载。

相关阅读推荐:值得收藏的六期《周刊少年JUMP》

相关热点: 漫画日语动漫动漫主题大学生活

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
2
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP