日本的葬礼上为什么会提供寿司?
作者:紫润少爷译|来源:livedoor|2017年07月13日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

通夜やお葬式に参列した際、通夜振る舞い精進落としでお寿司が出てきたことはないだろうか? お通夜やお葬式になぜお寿司なのかと気になっている人もいると思う。葬儀社の全国ネットワークを展開する、全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)に話を聞いた。

出席灵前守夜、葬礼的时候,守夜的款待和破除斋戒的料理上都会出现寿司吧?想必也有人很在意为什么守夜、葬礼的时候是(提供)寿司呢。对此,我们咨询了开展殡仪馆全国网络服务的全日本殡葬和祭祀行业协同组合联合会(全葬联)。


■料理(お寿司)を振る舞うのは会葬に対する御礼の気持ちから

■因为用料理(寿司)款待是对送殡表达谢意之情

なぜ、お寿司が振舞われるのだろうか。

为什么要用寿司来款待呢?

「通夜終了後、弔問客に食事やお酒を振る舞うことがございます。このことを通夜振舞いといいます。仏教では、忌明けするまで魚や肉は慎むこととされていました。でも最近は精進料理でなくてはいけないということは少なくなっており、お寿司を提供するようになったのは、故人のために足を運んでいただいたお礼の気持ちが出発点のようです。少なくなっているといっても海老などお祝いで使用するものは避けることが多いです。通夜振舞いはあくまで故人に対しての想いを語り合う場所です。故人と一緒に食事をすることにより最後の関わり、別れをするという意味合いもあります。また、葬儀を手伝い供養に関わった方へのおもてなし、御礼の意味もあります」(全日本葬祭業協同組合連合会)

“灵前守夜完成后,是要让吊唁者吃饭喝酒的。这叫做守夜款待。在佛教中服满之前是不能吃鱼和肉的。但是最近很少人坚持做斋戒料理,变成提供寿司的出发点是对于(吊唁者)能够为了故人而来的感谢之情。虽然之前提到做斋戒料理的人变少,但虾、鲷鱼等在庆祝时使用的食物大多还是要避免的。灵前守夜终归是互相聊聊对于故人的思念的场所。和故人一起吃饭是和他最后的联系了,这其中也包含分别的含义。还有,对于帮忙办理葬礼的人、祭奠相关的人的招待是含有答谢意思”。(全日本殡葬和祭祀行业协同组合联合会)

「おもてなしの心」がお寿司を振る舞う原点だった。なお、通夜振る舞いや精進落としを勧められた場合、遠慮はせず、をつけるのがマナーだという。

“款待之心”是用寿司招待来客的原点。还有,在守夜款待和破除斋戒时被劝进食的时候,不要客气,动筷子才是礼节。

■振る舞う範囲に「東」と「西」の違いが…

■在款待的范围内“东”和“西”的区别是…

ちなみに関東と関西ではお葬式の際のお供えで、関東で「花輪」、関西で「樒(しきみ)」などの違いがあるが、通夜振る舞いや精進落としなどにも違いがあるのだろうか。

顺带一提,关东和关西在葬礼时的供品是有关东“花圈”、关西“芥草”等不同,而且在守夜款待和破除斋戒的料理等处也有区别。

「お料理の内容よりも大きな違いは通夜振る舞いや精進落としを振る舞う相手にあります。関東ですと親族のほか会葬者の方にも振る舞いますが、関西ですと親族や家族中心となるようです」(全日本葬祭業協同組合連合会)

“比起料理的内容,更大的区别在于准备守夜款待和破除斋戒的料理人员。关东的话,除了亲戚送殡的人也会来招待,但关西的话是以亲戚家人为中心的”(全日本殡葬和祭祀行业协同组合联合会)

地域によって、違いや個性があるようだ。

地域不同便会产生差异和个性。


■郷土料理や、サンドイッチを振る舞うケースも

■也有招待家乡菜、三明治的例子

また精進おとしにも地域による個性やより時代に合わせた変化も起きているようだ。

还有,破除斋戒的料理也会根据地域不同而产生的个性,也会发生为了和时代相符的变化。

「お寿司以外にもうどん、サンドイッチやオードブル煮物等を通夜振る舞いや精進落しに出すケースもございます。また、地域によっては、その土地の食べ物(特産品)が出されることもあるようです」(全日本葬祭業協同組合連合会)

“除了寿司以外有乌冬、三明治、冷盘、炖菜作为守夜款待和破除斋戒的料理的例子。还有,根据地域不同,也会拿出其家乡的饮食(特产品)”(全日本殡葬和祭祀行业协同组合联合会)

時代のニーズに合わせて、葬儀のおもてなしもさらなる変化をしているようだ。

配合时代的需求,葬礼的招待也发生了许多变化。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

精华文章推荐:

日本五大节日之七夕的那些小知识

日本樱桃季:你可能不知道的小知识

相关热点: 日本文化文化主题鹿儿岛大学

2
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP