日语一级真题阅读模拟题(9)
来源:中华考试网|2017年05月10日 06:15

次の文章を読んで、それぞれの問いに対する答えとして、最も適当なものを1.2.3.4から一つ選びなさい。

自然現象を説明する主な仕方に、万物を生き物になぞらえて説明するやり方と、すべてを機械になぞらえて説明するやり方の二種類がある。前者を有機体論、後者を機械論という。科学の発達を大ざっぱにいえば、昔は自然を、世界を生き物としてとらえる考え方が強かったが、近代、17世紀からとくに万物を機械論的自然観が定着し、そのなかから近代科学を生み出してきて、今日にいたっている。動物や人間の身体も、機械のようにみなしてかなりうまく説明がつくのである。

しかし昔はそうではなかった。自然万物を生きとし生けるものとみなした。生き物の方が無機物よりずっと親近感があったからである。生きて活発に動く物の方が、鈍で動かないものよりずっと印象的だったからである。

問い 「昔はそうではなかった」とあるが、どういうことか。

1. 昔は自然現象に関心を持たなかった

2. 世界を生き物として考えなかった

3. 人間を機械とみなすことはなかった

4. 無機物については説明できなかった

単語:

主(おも)【形动】主要,重要

万物(ばんぶつ)【名】万物

なぞらえる【他下一】比作,比拟

有機体(ゆうきたい)【名】(化学) 有机体,生物体

後者(こうしゃ)【名】后来者,后者

大ざっぱ(おおざっぱ)【形动】粗枝大叶,草率;粗略

定着(ていちゃく)【名、自他サ】定着,定居;(照相)定影,显像

みなす【他五】看作,认为;(姑且)当作

無機物(むきぶつ)【名】(化学)无机物

親近感(しんきんかん)【名】亲近感

鈍(どん)【名、形動】(头脑)迟钝,愚钝

印象(いんしょう)【名、自他サ】印象

参考译文

在说明自然现象的主要方法中,有把万物比作生物来进行说明的方法,也有把一切比作机器来进行说明的方法。这两种方法,前者被称为有机体论,后者被称为机械论。科学的发展,粗略地说,在过去把自然、世界看作生物的想法很强烈。但是,在近代,特别是从17世纪开始,视万物为机械论的自然观被确定下来,并从中产生了近代科学,一直发展到今天。动物或人的身体也一样,如果把它们比作机器,一切就非常容易说通。

但是,以前并不是那样的。以前把自然万物都认为是生物。因为生物比无机物更有亲切感,而且比起迟钝的、不能动的物体,有生命的、活跃的动态物体更能给人以深刻的印象。

问题:“以前并不是那样”是什么意思?

1. 以前对自然现象不关心

2. 没有把世界认为是生物

3. 没有把人类认为是机器

4. 不能对无机物进行说明

答案:3

解析:关键句为「しかし昔はそうではなかった。自然万物を生きとし生けるものとみなした。」

声明:本内容转自中华考试网。

相关热点: 日语一级答案考试N1能力考主题日语能力考日语二级

0
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢
 
发表评论
0个人发表评论
发表评论
文明评论 理性发言
最新评论
加载更多评论

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP