日本再次放宽中国人赴日签证条件(2017年)
作者:莫斯利安整理|来源:日本国驻华大使馆|2017年04月21日 13:31
  • 双语
  • 中文
  • 日语

本21日,外務省は,日中間の人的交流を拡大し,政府の観光立国実現及び地方創生の取組に資するため,中国人に対するビザの発給要件を緩和する以下の措置を,5月8日から開始することを決定しました。

为了扩大日中之间的人员交往,并贡献于日本政府落实《观光立国》及推进《地方创生》,日本国外务省4月21日决定,自5月8日起采取以下放宽中国人赴日签证发放条件的措施。

具体的な措置の内容は,以下のとおりです。

该措施的具体内容如下:

(1)中国国内に居住する中国人に対する措置
1. 针对居住在中国境内中国人的措施

① 十分な経済力を有する方に対する数次ビザの発給開始 
① 开始向具有足够经济能力人士发放多次签证

十分な経済力を有する方とその家族に対して,有効期間3年,1回の滞在期間30日の数次ビザ(初回は観光に限定)の発給を開始します。 

面向为具有足够经济能力人士及其家属,开始发放有效期3年,停留期间为30天的多次往返签证(初次赴日目的限于观光旅游)。

② 東北三県数次ビザの六県への拡大 
② 将东北三县多次签证扩大为六县

東北三県(岩手県,宮城県,福島県)数次ビザの対象訪問地を,東北六県(青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県)へ拡大するとともに,これまで一定の経済力を有する方に課していた,過去3年以内の日本への渡航歴要件を廃止します。 

将东北三县(岩手县、宫城县、福岛县)多次往返签证的访问对象地区扩大为东北六县(青森县、岩手县、宫城县、秋田县、山形县、福岛县)。同时,取消要求具有一定经济能力人士过去3年内有赴日经历的条件。

③ 相当の高所得者に対する数次ビザの緩和 
③ 放宽相当高收入人士多次签证 

相当の高所得を有する方とその家族に発給している数次ビザ(有効期間5年,1回の滞在期間90日)は,初回の訪日目的を観光に限定せず,商用や知人訪問等の目的でも利用できることとします。また,このビザを利用する方は,航空券,宿泊先等を旅行社を介さず自ら手配できることとします。 

为相当高收入人士及其家属发放的多次往返签证(有效期5年,停留期间90天),初次赴日目的不再限于观光旅游,亦可以用于商务或访友等目的。此外,申请该签证的人士,可以自行安排赴日机票、住宿等。

④ 個人観光一次ビザの申請手続簡素化 
④ 简化个人单次观光旅游签证申请手续

クレジットカード(ゴールド)を所持する方に対して,個人観光一次ビザの提出書類を簡素化します。

针对信用卡(金卡)持有人,简化个人单次观光旅游签证的申请材料。

(2)中国国外に居住する中国人に対する措置 
2. 针对居住在中国境外的中国人的措施

中国国外に居住する中国の方も,中国国内の申請と同じ要件(注)で,観光目的の数次ビザを取得できることとします。

居住在中国境外的中国人也可与中国国内申请同等条件(注)签发观光多次签证。 

(注)十分な経済力を有する方とその家族に対して,有効期間3年,1回の滞在期間30日の数次ビザの発給を,また,相当の高所得を有する方とその家族に対して,有効期間5年,1回の滞在期間90日の数次ビザの発給を開始します。
(注)向具有足够经济能力人士及其家属,发放有效期3年,停留期间为30日的多次往返签证;向具有相当高收入人士及其家属,发放有效期5年,停留期间为90日的多次往访签证。

この緩和により,日中間における人的交流の一層の活発化が期待されます。 

我们希望通过上述放宽措施,进一步促进日中两国的人员交往。

本双语内容转自日本国驻华大使馆,转载请标明出处。

相关阅读推荐:

去日本自助旅游应该注意什么?
去日本旅游这些事情是你必须了解的
达人必备:五大手机app助你日本游

相关热点: 日本旅游旅游旅游主题

1
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢
 
发表评论
2个人发表评论
发表评论
文明评论 理性发言
最新评论
加载更多评论

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP