日本航空公司怎么处理机票超量预定?
作者:听听译|来源:Yahoo!JAPAN|2017年04月19日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

米シカゴの空港で、ユナイテッド航空の機内から、オーバーブッキング(過剰予約)で席が足りなくなったとして、すでに搭乗していた乗客が無理やり引きずり降ろされるという騒動があった。その様子をおさめた動画が、インターネット上に投稿されて、同社に対する批判の声があがっている。

在美国芝加哥机场,美联航的机舱内,由于机票超量预订导致座位不足,工作人员强制让已经就坐的乘客下飞机,由此引起骚动。乘客将拍摄的相关视频发到网上,网友纷纷指责该公司的暴行。

投稿された動画には、乗客の男性1人が座席から無理やり引きずり出されて、仰向けの状態で通路を引きずられていく様子が映っている。報道によると、4月9日夜の離陸前に、定員がオーバーしていることがわかり、ホテル代など補償金を支払う代わりに、別の便の振り替えに応じる乗客を募ったが、誰も応じなかった。

视频中,一名男性乘客被强制拉下座位,后仰着被拖进过道。据报道,在4月9号起飞前,就已经得知售票超出现有座位,航空公司打算以支付酒店费为补偿,希望有乘客能够换到其他班次,但是没有乘客答应。

そのため、ユナイテッド航空が乗客4人を選んだうえで、機内から降りるよう求めた。だが、男性1人が拒否したことから、同社は、米運輸省の手順にしたがって、警察官を呼んで、その乗客を無理やり引きずり降ろすことにしたたということだ。

因此,美联航工作人员选中了四名乘客,要求他们下飞机。但其中一名男子拒绝下飞机。美联航解释为,这是依据美国交通局的程序,让警察将男子强制拖下飞机。

●オーバーブッキングは国内でも起こりうる

●在日本国内也会发生机票超量预定的情况

国土交通省・航空事業課によると、今回の騒動の原因となったと報じられているオーバーブッキング(過剰予約)は、日本の法律では規制されておらず、国内の航空会社でも起こりうることだという。

据国土交通局・航空事业科报道,这次骚动的原因是机票的超量预定,日本法律并没有对此限制,日本国内的航空公司也发生过类似的情况。

「直前にキャンセルする人は、一定程度発生しています。そのため、航空会社は、過去のデータなどから、キャンセル数の見込みを立て、予約数を受け付けています。まれにですが、オーバーブッキングが起こることになります」(航空事業課・担当者)

“对于乘客直接取消航班的情况,一定程度上也是会发生的。为此,航空公司以过去的数据为依据,分析估算出大概的取消量,以此来确定最终的预约量。虽然极少,但超量预定机票的情况确实会发生。”(航空事业科・负责人)

それでは、国内の航空会社で当日に席が不足した場合、どのような対応がされているのだろうか。

那么,日本国内的航空公司是怎么应对当日座位不足的情况呢?

日本航空(JAL)と全日空(ANA)のホームページによると、国内線の場合、航空会社側が協力金を支払うことで、自主的に便の変更に協力する乗客を募る「フレックストラベラー制度」が使われている。両社では、振り替え日が当日の場合、1万円、翌日以降は2万円を支払うルールが設けられている(宿泊費などは別)。

根据日本航空(JAL)和全日空(ANAN)的官网显示,如果是日本国内航线发生类似问题的话,航空公司方面会支付赔偿金,利用“弹性航程制度”,招募自主自愿更换航班的乘客。目前这两家公司也对此问题设立了相关的补偿制度。即:如果更换当日的航班,航空公司会补偿给乘客一万日元的变更费用,如果是更换到第二天以后,会补偿给乘客两万日元。(酒店费用另当别算)

なお、国土交通省・航空事業課の担当者によると、搭乗できなかったなど、国内でオーバーブッキングが原因の苦情は「これまで聞いたことがない」といい、乗客がシートベルトをしなかったり、暴れるなど、安全上の理由以外で強制的に降ろされることは、考えにくいということだった。

另外,据国土交通局・航空事业科的负责人透露,从没听过因为不能搭乘等原因抱怨国内航班超量预定的,除非是乘客不系安全带、或是在机舱胡闹,因为安全因素以外的任何理由,强制乘客下飞机,是无法想象的。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关阅读推荐:

日本航空公司在顾客接待上是怎样做的?

口水直流:ANA全日空的机内餐盘点

相关热点: 社会主题日本礼仪

2
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢
 
发表评论
0个人发表评论
发表评论
文明评论 理性发言
最新评论
加载更多评论

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP