NMB48山本彩:羽生结弦给我的启发
作者:忘川译|来源:oricon|2017年04月09日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

2016年、大きな転機を迎えたNMB48の山本彩。『第8回AKB48選抜総選挙』では自己最高の4位を獲得、ライバルと言われた渡辺美優紀が卒業…。10月にはソロデビューも果たし、『紅白』の番組企画『夢の紅白選抜』では見事1位に輝いた。今回、彼女は自身の思いをつづった1stフォトエッセイ『すべての理由』(幻冬舎刊)を上梓。キャプテンとして、エースとして、山本がグループに対して抱える本音とは? フィギュアスケート・羽生結弦選手から影響を受けた曲作りについてなど、じっくり語る。

2016年,NMB48的山本彩迎来了大转机。在“第8回AKB48总选举”中获得了自己史上最高纪录第4名的好成绩,被称为劲敌的渡边美优纪毕业…。10月还完成了个人solo出道、在“红白歌会”节目的企划“梦之红白选拔”中漂亮地荣获第1位。这次,她以自身最真挚的感情抒写并出版了第一本随笔集《全部的理由》(幻冬舍刊)。其中详细讲述了自己受到花样滑冰选手・羽生结弦的影响而作曲等轶事。

NMB48で「しんどかった」時代とは? 渡辺美優紀とのライバル関係も

在NMB48觉得“心累”的时期是?怎么看待与渡边美优纪的劲敌关系?

――NMB48での“しんどいこと”とは?

――在NMB48觉得“太心累”的事情是?

予定調和じゃないグループだったので、昔はサプライズや変化を起こすことの大事さがわからなかった。今となってはいい風に働いたと思えますが、当時はひとつひとつがツラかったです。あとは、すごく比べられてた時ですね。卒業しちゃったんですけど、みるきー(渡辺美優紀)とずっとライバル関係で見られていることは、しんどかった。比べられていることを前提にすべてを考えていたんです。「あっちはこうだから自分はこうじゃなきゃいけない」みたいに、自分を自分でがんじがらめにして頭が硬かった。

由于我们不是一开始就各方配合完整度很高的团体,以前无法理解所谓惊喜、产生改变的重要性。事到如今虽然可以感受到是这些改变促成了现在的好局面,不过当时每件事每个改变都令人觉得心累。还有就是,自己被各方作比较的时候吧。即便对方已经毕业了,与美优纪之间还是会被大家当做劲敌看待,太累。我会以与她作比较为前提,来进行一切思考。就像是“她那边这样做了,那我必须要怎样怎样”的感觉,自己将自己紧紧地束缚住,头脑也变得僵硬。

――渡辺さんが昨夏に卒業して7ヶ月。山本さんとして何か変化は?

――距离渡边小姐去年夏天毕业已经有7个月了。山本小姐自身有什么改变吗?

今は、グループを俯瞰して見られるように、目線が変わったと思います。みるきーが卒業して以降、新しく頭角を現すメンバーが出るべきだと思いますし、そのために自分は何ができるか、よりグループのことを考えるようになりました。

我认为现在想要站在一个能够俯瞰团体的角度,视角有所改变。美优纪毕业以来,我觉得新出现了很多崭露头角的成员,并且我也在思考由此自己能够做些什么,更加站在团队的角度去考虑问题了。

羽生結弦選手にインスパイアされて曲作り

从羽生结弦选手身上获得灵感作曲

――本を書く中で、自分を再発見した部分はありますか?

――在写书的过程中,有没有发现自己身上新的部分?

 “矛盾”ですね。「知ってほしいけど知ってほしくない」「自分に自信はないけど期待はしている」みたいな。いろいろ考えてみたら矛盾してることがたくさんあるなって。

应该是“矛盾”吧,“想知道又不想了解”“对自己没有什么自信却怀有期待”等。仔细想想之后发现,自己身上有很多这样的矛盾点。

――でも、かなり自分を客観視できる人ですよね。

――不过,你真是一位对自己能够做出客观评价的人呢。

客観視しすぎてるくらいですね。だから、多分自分の感情に鈍感なのかな。それもあって、今年から日記をつけはじめたんですが、曲作りにも役立つ気がしています。歌詞に使えたりもするので、人も物も、すべてが一期一会だと思います。

过于客观了呢。所以可能自己的感情稍微有些愚钝吧。也有这方面原因,从今年开始写日记了,感觉也有助于作曲。也想将见闻编进歌词,无论是人还是事,我觉得所有一切都是一期一会应相惜。

――最近、心動かされた出来事はありました?

――最近,令你心动的事情是什么?

いっぱいありますね。ひとつは、フィギュアスケートで羽生結弦選手がプリンスさんの「レッツ・ゴー・クレイジー」という曲で滑られていたこと。そのギャップと、「今までにない自分を引き出せる曲だと思った」と羽生選手が語っていたインタビューを読んで、私もそういう曲が書きたいと思いました。「イメージ、これや!」と思って、曲を書き始めたんです。。

有很多。其中一个是花样滑冰选手羽生结弦的选曲用了Prince的《Let's go crazy》。在读他的采访文章时看到,对于选曲的反差,羽生选手表示:“觉得这是一首能够引出至今为止未曾谋面的自己的曲子。”我也想写一首这样的歌曲。心想着“就是这个感觉!”便开始写曲子了。

“紅白”で躍進、キャプテンの孤独。必要なのは「自分を捨てる覚悟」

“红白歌会”一跃而进,队长的孤独。所需要的是“舍弃自己的觉悟”

――本の中では「みんな対自分」のように考えてしまう孤独がある、とおっしゃられていて。キャプテンをやめたいと思ったことはありますか?

――在书中写到以“大家与自己”来思考事情的时候就会陷入孤独。有没有考虑过不想当队长?

やめたいと思ったことは一度もないです。

从来没有考虑过放弃队长。

――その“孤独”とはどう戦ってきたんでしょう?

――如何战胜这种孤独才好?

答えがない、と思ったのが一番です。私以外にもチームにはキャプテンがいて、それぞれ形やあり方が違う。正解がないからこそ、“こうでなきゃいけない”という決まりはない。変にキャプテンということを考えないようにしてからは、やりやすくなりました。それに、ソロ活動をしてグループに戻ると、ホッとするところはめちゃくちゃありますね。

我想,最佳的答案便是“没有答案”。就算除去我,团队也总会有一个队长,不同队长带领着的团队的形态、呈现出来的状态都有所不一样。正是因为没有正确答案,也就没有绝对的“必须要这样做”的形式。如果不刻意去思考队长的身份与职责,反而更容易做。并且,每次在完成solo活动回到团体中的时候,都有一种舒了一口气的感觉。

――そんな山本さんから見て、今のNMB48の課題とは?

――在山本小姐看来,现阶段的NMB48课题是?

グループで目標は欲しいと思います。今はメンバー個人がそれぞれの目標に向かっているということもありますが、例えば昔なら「今年は紅白に出たいです!」みたいな。グループとしての目標がある時って、向かう方向が一緒というだけでもすごく団結が生まれていたので、今こそ一体感がほしい。卒業が続いていたりするので難しいところはあると思うんですけど、“だからこそ”とは思います。あと、自分を捨てる覚悟は全員があるべきかなと思います。自分の気持ちを捨てても、チームに必要な選択ができるように。

我认为团体需要一个目标。虽然现在成员个人都向着自己的目标努力,比如说老生常谈的“今年希望出战红白!”这种。不过当整个团体有了一个目标之后,仅仅是大家都朝着一个方向努力,一定能产生团结的羁绊,当下正是希望拥有整体感。虽然也有成员不断毕业,我想,要做到这一点有难度,但还是想说“正因为如此”才更要团结一致。还有就是我认为全员都应该有舍弃自己的觉悟。争取做到即便舍弃掉自己的舒心,也要做有利于团队的选择。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关阅读推荐:

山本彩《レインボーローズ》MV

2017年最受期待的春季日剧TOP10

相关热点: AKB48娱乐娱乐主题

1
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢
 
发表评论
4个人发表评论
发表评论
文明评论 理性发言
最新评论
加载更多评论

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP