连日以来南方部分地区持续遭暴雨侵袭,局部地区甚至出现了严重的洪涝灾害。受灾地区的灾情牵动着所有中国人的心。洪水毫无疑问是一场天灾,在不少古老的传说中,洪水都被称作是“天罚”,可见人类在见识到其威猛的同时心中还怀着敬畏之情。

◆苏美尔的大洪水传说

シュメールの神話では、最高神エンリルは、騒がしい人類を快く思わず、大洪水を起こして滅ぼそうとした。エンキ神がシュルッパクの王のジウスドラ(「命を見る者」という意味で、彼が神から不滅を約束されたことから)に、洪水による人類抹殺を予告する。エンキ神は、大きな船を作るように指示する。
在苏美尔神话中,众神之首的恩尼尔觉得人类过于吵闹,想发起洪水毁灭人类。水神恩基把洪水灭世的预言透露给了国王的知命者(知命者是从神那里得到了不灭承诺的人)。水神恩基指示人类制造一艘大船。

●苏美尔的大洪水传说可以说是圣经中“诺亚方舟”的原型。洪水不仅仅是一场水害,更是神明动怒、降下惩戒的工具。

◆中国大禹治水的故事

『山海経』(中国最古の地理書)は、中国の伝説的支配者禹が「天から水のあふれたような」洪水を治めるのに10年を費やしたところで終わる。中国(特に黄河にかかわる歴史では)「水を治める者は天下を治める」ともいわれている。
《山海经》(中国最早的地理书籍)中记载,中国传说中的支配者大禹耗时10年治理“如从天倾”的洪水。在中国(特别是跟黄河有关的历史)有“治水者治天下”的说法。

●想必“大雨治水,三过家门而不入”的故事大家都已经耳熟能详了。“治水者治天下”,这一方面体现的是治国难的道理,更体现出自古至今“洪水猛于野兽”的概念。

◆《圣经》里诺亚方舟的故事

『創世記』のノアの方舟の物語によれば、エデンを離れてから何代かを経て、ネフィリムが生まれ堕落し、お互いに争うようになった。ヤハウェ・エロヒムは人間を作ったことを後悔し始め、全てを払拭するために大洪水を起こすことを決めた。ヤハウェは地上にただ一人、救う価値のある男性ノアを見出した。そこでヤハウェは天使アルスヤラルユル(ウリエル)を使いノアに特別な大きさと設計の方舟を作るように告げた。方舟に乗せたのは、彼の妻、彼の三人の息子と彼らの妻、清い動物と鳥を雌雄7つがい、必要な食べ物すべてと苗木で、人間はもう一度白紙から始めるのである。
根据《创世纪》中记载的诺亚方舟的故事,在经历了伊甸园时期后的好几代,巨人族生来残暴堕落,相互间战争不断,上帝开始后悔创造了人类,决定发起大洪水毁灭一切。上帝发现了这个世界上唯一有挽救价值的男人诺亚,并告知诺亚用歌斐木制造一艘有着特殊尺寸和设计的巨大方舟。坐上方舟的有诺亚、诺亚的妻子和三个儿子和他们各自的妻子,以及洁净的家畜和鸟儿七公七母,同时还有所有必要的食物和树苗,人类世界将从零开始重新来过。

●随着电影《2012》的大热,各种逗趣的“登船”传说不胫而走。在人类固有的思想中,“世界末日”与“洪水”有着密不可分的关联。这不仅仅是古老传说带给我们的思维影响,从科学的角度来讲也是很有道理的。如果人类肆意破坏环境,来自老天爷的“天罚”就将不仅仅是传说,希望大家能时常抱着保护环境的意识,维护大自然、维护我们共同的家园。

推荐阅读:
特大暴雨中的语言智慧—“雨”美词>>>

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。