现在是日语能力考试N2级别的冲刺时期。针对各位考生的练习需求,为大家整理好了N2能力考读解模拟题。今天继续练习读解,大家继续查漏补缺。距离7月能力考还有不到一个月的时间了,加油练习吧。祝大家考试顺利。

「情報化社会」ということばは、必ずしも明確に概念化されてはいない。ごく大雑把に、「会社的に大量の情報が準備された状態」とか「情報の生産、加工、処理、操作および消費する会社機構が肥大化した状態」あるいは「物の生産よりも、情報の生産にウェイトが移行した状態」、そして「情報の生産部門(第四次産業とも名づけられている)へ大量の労働力が集中されている状態」などなど、いくつかの情報をめぐってひき起こされた状況の変化を示すコトバだといってよいであろう。当然これらの状態は、単に一つの状態だけが現出するのではなくして、いくつかの状態が組み合わさっている。こうした状態のもっとも先駆的な形は、マス•メディアの発達の結果生まれたマス•コミの世界である。しかし、マス•コミのもつ情報量を遥かに越える膨大な情報が生産されるようになってきたの現代である。たとえば教育関係然り、コンピューター関連企業、各種サービス、医療、通信業、研究開発、弁護士、会計士などによって代表される情報産業は、情報の生産、転達、加工、貯蔵によって利潤を獲得しようとしている。この種のいわゆる情報産業の飛躍的増大をみたのがやはり現代社会の特質である。もちろん、大量の情報が転達されるようになった背景は、科学技術の急速な進歩による。およそ現代のように情報が氾濫している状態は、戦前においては予想もできなかった。エレクトロニクス、宇宙通信衛星などまさに日進月歩の自然科学の発達は、現代社会の様相を一変せしめる力をもつに至ったのである。

問題 この文章の内容に最も近いものを1~4の中から一つ選びなさい。
1. 情報化社会と呼ばれる現代社会では生産される情報の量が膨大なものとなっている。
2. 現代社会の膨大な情報はすべてマス•コミという情報産業が生産している。
3. 現代のように大量の情報が生産される状態は50年以上から続いている。
4. 情報化社会が生まれたのは情報が氾濫していたからである。

翻译和答案

答案:1

翻译:“信息社会”这一说法未必准确。实际上应该说它是表示围绕若干信息发生的状态变化的粗略说法。这就是“大量信息在社会上的准备状态”、“信息生产、加工、处理、操作以及消费社会机构庞大化状态”、“生产重点向情报生产大转移状态”还有“大量劳动力向信息生产部门(也称第四产业)大集中状态”等状态。当然,这些状态并非以单一状态出现,而是由若干状态组合形成。这种状态的先驱形式是宣传媒介发展后产生的宣传广告世界。但是,生产出庞大的信息,并远远超出宣传广告所具有的信息量的却是当今时代。例如,教育机构、计算机关联企业、各种服务行业、医疗、通信业、研究开发、律师、会计师等所代表的信息产业,正准备通过信息生产、传播、加工、贮藏而获得利润。眼见这种所谓的信息产业突飞猛进也是当今社会的特点。当然、大量信息传播的背后是先进的科学技术。像如今这样的信息泛滥状态,在战前是绝对无法预测的。电子设备、通信卫星等简直是日新月异地发展着的自然科学已然具有使现代社会彻底改变面貌的力量。

解说:

选项1的意思是“被称为信息社会的当今社会所生产的信息量是庞大的”;
选项2的意思是“当今社会的庞大信息全部由宣传广告产业生产”;
选项3的意思是“像今天这样生产大量信息的状态已持续了50年以上”;
选项4的意思是“信息社会的产生是因为信息泛滥”。
其中,选项1的意思与文章内容一致,所以本题答案为1。其他2、3、4部分的内容与文章不一致,所以不能选择。

如果你还想继续做题,找找考试的感觉,来沪江网校开设了2017年7月日语能力考模考班,并且全程免费!还等什么!赶紧>>戳我加入能力考模考班!<<