• 化腐朽为神奇的日本综艺节目《全能住宅改造王》

    解决这些家庭的烦恼,给他们带来幸福感”。 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 小编感想: 1. 节目中改造的很多房屋都设计建造于大正或昭和时期。由此我们可以看出当时的日本住宅的特点:多为木制、空间狭小、家庭成员睡的不是床而是铺在榻榻米上的被褥。 2. 日本建筑师在改造过程中体现了非常深厚的人性关怀。比如:设置错落有致的楼梯、将原本两层的房屋改造成具有五层的超宽敞空间,极重视每一个家庭成员的私人空间。珍视童真,在楼梯两侧的墙壁上安装攀岩用五颜六色的扶手、贴上妈妈亲手缝制的绒布图案、在一级级楼梯间贴上孩子们微笑的照片。还有种种在细节处体现的专业和人性化——搬家时用布罩住家具和电器、用纸板贴在墙面上。 3. 建筑师绞尽脑汁利用一切狭小的空间储物、才得以创造出宽敞的感觉,这件事给我们带来了什么启发呢?——在我们平淡而繁琐的每一天中,要利用一切细小的时间片段来学习和思考,才能把握自己人生的整体方向。米娜桑,一起努力,为筑好自己的人生大厦而奋斗吧! 本内容为沪江日语原创,转载请注明出处。

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋04

    去了。所以多余的部分大家不用写!!! 本次听写内容有点长,拜托大家耐心写完哦! 加油!!!!! 父の代から40年。この地で理髪店を営んできた佐竹家は、新たなスタートにふさわしい明るく洗練されたデザインの店構えと、その装いを大きく変えました。「髪の毛」という意味のフランス語でつけられたその店の名がぴったりのおしゃれな散髪屋さん。矢印のような歪な形が使いづらい無駄なスペースを生んでいたかつての店舗は、西向きの壁に向かって横に並んでた座席があの三面一体型の鏡台を囲んで三つ対面するように配置されました。崩壊寸前にあった家の構造を補強するため、やむをえず一階の中央に設置された邪魔な鉄柱と、それを支える放射状に伸びた天井梁、匠はそれらを見事に有効利用し、内部に収納まで備えた世界にたった一つしかない鏡台を作り上げたのです。東側の壁に作りつけられた大容量の収納棚には、仕事で使う道具をすべてしまっておくことができます。そして、三つの座席の後ろの床に、それぞれ一つずつ何やら四角いプレートが埋めこまれていました。実はこれ、可動式のシャンプー台を排水管に繋ぐ業務用の装置。最新の機器の導入によって、限られた空間を効率的に利用し、作業しやすい快適な環境を整えたのです。 从父亲那一代传承至今40年,在此地经营理发店的佐竹家为了能重新出发,店面呈现明亮而洗练的设计,外观发生了很大的改变。以法文“头发”为名的理发店有着名副其实的时髦装潢。由于房屋本身是箭头状的不规则形状,使得过去的店面不仅使用不便而且浪费空间。现在把原先向西排成一列的座椅,变成围绕三面镜而相对摆放的排列。为了补强即将崩塌的房屋结构,不得已在房屋中间撑起了一个挡路的铁柱,以及天花板上支撑着铁柱的放射状横梁。专家有效的利用这些梁柱设计出了内部有收纳柜的独一无二的镜台。设置在东面墙上的大型收纳柜可以容纳所有理发用的工具。此外,在三张座椅后的地板上,分别嵌入着四方形的版块,其实这是为了让移动式的洗发台与排水管相连接的业务用装置。装设最先进的机器可以更有效的利用有限的空间,成为方便工作的舒适环境。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋03

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 【Hint】 今天的内容是把前两期的内容来了个综合,希望大家都满分嘿嘿! 今回依頼がありましたのは佐竹家。自宅の一階で理髪店を営む佐竹さんのお宅は、わずか12坪しかない家の大半を店舗スペースが占めているため、生活面積が極端に圧迫され、家族は非常に窮屈な暮らしを強いられています。さらに、一番の問題は、食卓の隣にあるトイレ。店舗に専用のトイレがないため、子供たちが食事中であろうが、お風呂に入っていようが、店に来るお客さんもここを使用してもらうしかなく、家族はもちろん、お客さんのほうも非常に気まずい思いをしているということです。また、毎日お店で使う50枚以上ものタオルを抱えて昇り降りするのは、手すりもない急で危険な階段。かつて屋上にあった物干し場は台風で飛ばされたため、今では狭い2階の廊下が、物干し場替わりになっています。今回この難題に挑戦するリフォームの匠は小川一さん。持ち前の遊び心で家のあちこちに楽しいカラクリを仕掛け、暮らしに軽やかなリズムを作り出す、別名「遊び仕掛人」。果たして今回の匠はどのようなリフォームを施すんでしょうか、みなさんで推理してみてくだい。 这次委托人是佐竹家。自家一楼经营理发店的佐竹家,房屋面积仅12坪,其中大部分都是店铺,这使得生活空间极度受到压迫,全家只好过着非常窘迫的生活。但最严重的问题就是位于餐桌旁的厕所。由于店里没有专用厕所,所以不管孩子们是在吃饭还是在洗澡,都得让客人使用厕所,这让家人和客人都感到很囧。此外,每天佐竹太太还得抱着店里要用的50多条毛巾爬上爬下没有扶手的危险楼梯。以前屋顶有个晾晒台,结果被台风吹跑了,现在只好把二楼狭窄的走廊当成是晾晒台了。而这次向这个难题发起挑战的就是小川一先生。他以独特的玩心在家里各处设计有趣的装置,让生活充满轻快的节奏,所以被称为“生活游戏的创造者”。到底这次专家会如何进行改造呢?大家都来推理一下吧! 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋06

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 今天来看一下设计师是如何充分

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋07

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 【Hint】 玄釣り式(げんつりしき) 明儿换新的啦! 玄釣り式の大きな一枚扉を閉めれば、夜ここが夫婦の寝室となります。また匠は生活機能の充実を図るため、2階にも家族専用のトイレを新設し、自宅で理髪店を営むという特殊な事情を持つこの家のために、かつての塔屋を活かして便利なランドリースペースまで設けました。明るい吹き抜けの階段を上がった2階の南側、そこは初めてできた二人の娘たちの部屋。背中合わせに並んだ2つの勉強机は、お姉ちゃんは水色、妹は赤。姉妹それぞれの好きな色を配色。そんな匠の細やかな心遣いが行き届いた子供部屋には、部屋の狭さをカバーするため、天井の高さを利用して、ロフト式のベッドが備え付けられました。遊び心溢れる豊かな発想で、不利な条件を逆に利用し、限られたスペースを余すことなくすべて使って生まれ変わった佐竹家。楽しく暮らしをもとに、匠が挑んだ今回のリフォームも無事予算内に収まりました。新しくなったこの家を家族は喜んでくれるんでしょうか。 晚上把推门拉上以后,这屋子就成了夫妻专用卧室。设计师为了让生活更加方便,在2楼设置了家人专属的卫生间。另外,还考虑到自家营业理发店这一特殊情况,充分利用了过去的小阁楼,设计出了方便的晾晒处。爬上2楼的南侧,是小女儿们的房间,这是她们第一次有了属于自己的地盘。背靠背的两张书桌,姐姐是水蓝色,妹妹是红色,都是各自喜爱的颜色。设计师匠心独运,充分考虑孩子们的心情,扬长避短的利

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋05

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 【Hint】 寂れた(さびれ

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋02

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 【Hint】 小川一 カラクリ 仕掛人 【Hint】 匠(たくみ) 小川一(おがわはじめ) 屋敷(やしき) 施し(ほどこし) トイレを借りようとお客さんが足を踏み入れた店舗の奥は、なんと娘たちが食事をする台所だったのです。仕事場と生活空間を分け、家族とお客さんが互いに気まずい思いをすることのない家に。そんなせつない願いを受けて一人の男が立ち上がりました。リフォームの匠、小川一。小川が常に心がけているのは、家族がいつまでも愛着を持って楽しく暮らせる家づくり。機能的で調和のとれた生活空間に、柔軟な発想と持ち前の遊び心で、まるで忍者屋敷のようなカラクリを施し、毎日の暮らしに楽しいアクセントをつけ、住まう人の心にゆとりと潤いをもたらすのです。そんな彼を人は暮らしの遊び仕掛人と呼びます。 想借厕所一用的客人踏进店铺后面发现那里居然是小女儿们吃饭的厨房。所以佐竹一家想将这栋房子的生活场所和工作场所分开,让客人和家人互不干扰,过得自在。来满足这一热切愿望的是改造专家——小川一。小川强调的信念是,建造让家人永远快乐且依恋的住宅。在多功能而协调的生活空间中,以弹性的创意和特有的玩心,设计出有如忍者住屋般的装置。为日常生活增添愉快的气氛,也为居住者带来轻松而滋润的心情。所以这位小川设计师在业内另有别名,叫做“生活游戏的创造者”。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋01

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 【Hint】 都島区(みやこじまく) 佐竹家(さたけけ) 大阪市都島区。商業ビルが複雑に入り組む町の一角に、ある問題を抱えたお宅がありました。佐竹家。この家が抱える問題、それは、「子供たちも恥ずかしいでしょうし、私ももちろんすごく気まずいし、恥ずかしいですし、お客さんの方もそれ以上にもっと気まずいでしょうし」。わずか12坪の小さな家の一階で、理髪店を営む築

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋07

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 【Hint】 玄釣り式(げんつりしき) 明儿换新的啦! 玄釣り式の大きな一枚扉を閉めれば、夜ここが夫婦の寝室となります。また匠は生活機能の充実を図るため、2階にも家族専用のトイレを新設し、自宅で理髪店を営むという特殊な事情を持つこの家のために、かつての塔屋を活かして便利なランドリースペースまで設けました。明るい吹き抜けの階段を上がった2階の南側、そこは初めてできた二人の娘たちの部屋。背中合わせに並んだ2つの勉強机は、お姉ちゃんは水色、妹は赤。姉妹それぞれの好きな色を配色。そんな匠の細やかな心遣いが行き届いた子供部屋には、部屋の狭さをカバーするため、天井の高さを利用して、ロフト式のベッドが備え付けられました。遊び心溢れる豊かな発想で、不利な条件を逆に利用し、限られたスペースを余すことなくすべて使って生まれ変わった佐竹家。楽しく暮らしをもとに、匠が挑んだ今回のリフォームも無事予算内に収まりました。新しくなったこの家を家族は喜んでくれるんでしょうか。 晚上把推门拉上以后,这屋子就成了夫妻专用卧室。设计师为了让生活更加方便,在2楼设置了家人专属的卫生间。另外,还考虑到自家营业理发店这一特殊情况,充分利用了过去的小阁楼,设计出了方便的晾晒处。爬上2楼的南侧,是小女儿们的房间,这是她们第一次有了属于自己的地盘。背靠背的两张书桌,姐姐是水蓝色,妹妹是红色,都是各自喜爱的颜色。设计师匠心独运,充分考虑孩子们的心情,扬长避短的利

  • 【全能住宅改造王】“不融洽”的房屋06

    【介绍】 本系列的节目是日本很有名的建筑类节目,和前面我们做过的【纪实72小时】一样,都是还蛮感人的节目(俺滴赶脚啦~)。由于片源来自优酷有字幕,所以不方便在此提供,so大家如果想看呢,可以去优酷上搜索这一期节目(20110425)哦。 今天来看一下设计师是如何充分