• 日式料理必备的用餐礼仪

    一道菜肴,应顺序循环的吃每道菜肴,使各份比例均等,才可同一时间吃光所有菜肴。 日本人的用餐礼仪虽然很严格,有很多的讲究,比如要端起碗等方面,但日本人的另外一些“随便”的吃法也会令其他国家的人感到惊讶。例如,日本人容许狼吞虎咽式的吃法,吃寿司时,日本人习惯用手拿着寿司浸一浸酱油,然后直接放入口中,不用筷子。还有吃面,喝汤和吃面的时候发出响声也是表达对做面的厨师的赞赏,间接表达面的美味。    一顿正统的日式饭食通常会准备日本米酒。日本人通常会在互相祝酒后才开始用餐,他们也会说干杯“乾杯しましょう”意思是“干杯”,不过这个时候可不要误会了,这里的干杯是指碰杯,并不用喝光的,象征性地喝一口即可。    日本人深爱茗茶,在同一餐的不同时间会端上不同种类的茶。一般来说,用餐之前会端上绿茶,用餐期间及用餐之后会端上煎茶。    以上稍微总结了一下日本生活中在用餐方面的特有风俗习惯。虽然用餐礼仪很重要,但也不要太过注重形式。精神太紧张的话,反而没法好好享受美食了。 声明:沪江网高度重视知识产权保护,发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将做相应处理。 相关推荐: 跟速水重道学做料理:浓稠西葫芦虾羊乳奶酪调味饭 吃货必看!盘点亚洲各国的中秋美食

  • 2014上半年日本最受喜爱电视节目

    他们独自的视角解读让人不禁喊出“真的吗!?”的各种话题。 No.4:《マツコ&有吉の怒り新党|松子和有吉的愤怒新党》(综艺节目) 所属电视台:朝日电视台 播出时间:每周星期三23:15-24:15 主持阵容:松子DELUXE(マツコ・デラックス)、有吉弘行 节目简介:《松子和有吉的愤怒新党》为朝日电视台人气深夜谈话类综艺节目。松子作为干事长([wj]幹事長[/wj]),有吉作

  • 日语文学作品赏析《浮雲》

       浮雲はしがき  薔薇(ばら)の花は頭(かしら)に咲て活人は絵となる世の中独り文章而已(のみ)は黴(かび)の生えた陳奮翰(ちんぷんかん)の四角張りたるに頬返(ほおがえ)しを附けかね又は舌足らずの物言(ものいい)を学びて口に涎(よだれ)を流すは拙(つたな)しこれはどうでも言文一途(いっと)の事だと思立ては矢も楯(たて)もなく文明の風改良の熱一度に寄せ来るどさくさ紛れお先真闇(まっくら)三宝荒神(さんぽうこうじん)さまと春のや先生を頼み奉(たてまつ)り欠硯(かけすずり)に朧(おぼろ)の月の雫(しずく)を受けて墨摺流(すりなが)す空のきおい夕立の雨の一しきりさらさらさっと書流せばアラ無情(うたて)始末にゆかぬ浮雲めが艶(やさ)しき月の面影を思い懸(がけ)なく閉籠(とじこめ)て黒白(あやめ)も分かぬ烏夜玉(うばたま)のやみらみっちゃな小説が出来しぞやと我ながら肝を潰(つぶ)してこの書の巻端に序するものは    明治丁亥(ひのとい)初夏 二葉亭四迷[#改ページ]    浮雲第一篇序  古代の未(いま)だ曾(かつ)て称揚せざる耳馴(みみな)れぬ文句を笑うべきものと思い又は大体を評し得ずして枝葉の瑕瑾(かきん)のみをあげつらうは批評家の学識の浅薄なるとその雅想なきを示すものなりと誰人にやありけん古人がいいぬ今や我国の文壇を見るに雅運日に月に進みたればにや評論家ここかしこに現われたれど多くは感情の奴隷にして我好む所を褒(ほ)め我嫌(きら)うところを貶(おと)すその評判の塩梅(あんばい)たる上戸(じょうご)の酒を称し下戸の牡丹餅(ぼたもち)をもてはやすに異ならず淡味家はアライを可とし濃味家は口取を佳とす共に真味を知る者にあらず争(いか)でか料理通の言なりというべき就中(なかんずく)小説の如(ごと)きは元来その種類さまざまありて辛酸甘苦いろいろなるを五味を愛憎する心をもて頭(アタマ)くだしに評し去るは豈(あに)に心なきの極ならずや我友二葉亭の大人(うし)このたび思い寄る所ありて浮雲という小説を綴(つづ)りはじめて数ならぬ主人にも一臂(いっぴ)をかすべしとの頼みありき頼まれ甲斐(がい)のあるべくもあらねど一言二言の忠告など思いつくままに申し述べてかくて後大人の縦横なる筆力もて全く綴られしを一閲するにその文章の巧(たくみ)なる勿論(もちろん)主人などの及ぶところにあらず小説文壇に新しき光彩を添なんものは蓋(けだ)しこの冊子にあるべけれと感じて甚(はなは)だ僭越(せんえつ)の振舞にはあれど只(ただ)所々片言隻句(せっく)の穩かならぬふしを刪正(さんせい)して竟(つい)に公にすることとなりぬ合作の名はあれどもその実四迷大人の筆に成りぬ文章の巧なる所趣向の面白き所は総(すべ)て四迷大人の骨折なり主人の負うところはひとり僭越の咎(とが)のみ読人乞(こ)うその心してみそなわせ序(ついで)ながら彼の八犬伝水滸伝(すいこでん)の如き規摸の目ざましきを喜べる目をもてこの小冊子を評したまう事のなからんには主人は兎(と)も角(かく)も二葉亭の大人否小説の霊が喜ぶべしと云爾   第二十年夏 春の屋主人[#改ページ]    第一編      第一回 アアラ怪しの人の挙動(ふるまい)  千早振(ちはやふ)る神無月(かみなづき)ももはや跡二日(ふつか)の余波(なごり)となッた二十八日の午後三時頃に、神田見附(かんだみつけ)の内より、塗渡(とわた)る蟻(あり)、散る蜘蛛(くも)の子とうようよぞよぞよ沸出(わきい)でて来るのは、孰(いず)れも顋(おとがい)を気にし給(たま)う方々。しかし熟々(つらつら)見て篤(とく)と点□(てんけん)すると、これにも種々(さまざま)種類のあるもので、まず髭(ひげ)から書立てれば、口髭、頬髯(ほおひげ)、顋(あご)の鬚(ひげ)、暴(やけ)に興起(おや)した拿破崙髭(ナポレオンひげ)に、狆(チン)の口めいた比斯馬克髭(ビスマルクひげ)、そのほか矮鶏髭(ちゃぼひげ)、貉髭(むじなひげ)、ありやなしやの幻の髭と、濃くも淡(うす)くもいろいろに生分(はえわか)る。髭に続いて差(ちが)いのあるのは服飾(みなり)。白木屋(しろきや)仕込みの黒物(くろいもの)ずくめには仏蘭西(フランス)皮の靴(くつ)の配偶(めおと)はありうち、これを召す方様(かたさま)の鼻毛は延びて蜻蛉(とんぼ)をも釣(つ)るべしという。これより降(くだ)っては、背皺(せじわ)よると枕詞(まくらことば)の付く「スコッチ」の背広にゴリゴリするほどの牛の毛皮靴、そこで踵(かかと)にお飾を絶(たや)さぬところから泥(どろ)に尾を曳(ひ)く亀甲洋袴(かめのこズボン)、いずれも釣(つる)しんぼうの苦患(くげん)を今に脱せぬ貌付(かおつき)。デモ持主は得意なもので、髭あり服あり我また奚(なに)をか□(もと)めんと済した顔色(がんしょく)で、火をくれた木頭(もくず)と反身(そっくりかえ)ッてお帰り遊ばす、イヤお羨(うらやま)しいことだ。その後(あと)より続いて出てお出でなさるは孰(いず)れも胡麻塩(ごましお)頭、弓と曲げても張の弱い腰に無残や空(から)弁当を振垂(ぶらさ)げてヨタヨタものでお帰りなさる。さては老朽してもさすがはまだ職に堪(た)えるものか、しかし日本服でも勤められるお手軽なお身の上、さりとはまたお気の毒な。  途上人影(ひとけ)の稀(ま)れに成った頃、同じ見附の内より両人(ふたり)の少年(わかもの)が話しながら出て参った。一人は年齢(ねんぱい)二十二三の男、顔色は蒼味(あおみ)七分に土気三分、どうも宜(よろ)しくないが、秀(ひいで)た眉(まゆ)に儼然(きっ)とした眼付で、ズーと押徹(おしとお)った鼻筋、唯(ただ)惜(おしい)かな口元が些(ち)と尋常でないばかり。しかし締(しまり)はよさそうゆえ、絵草紙屋の前に立っても、パックリ開(あ)くなどという気遣(きづか)いは有るまいが、とにかく顋が尖(とが)って頬骨が露(あらわ)れ、非道(ひど)く□(やつ)れている故(せい)か顔の造作がとげとげしていて、愛嬌気(あいきょうげ)といったら微塵(みじん)もなし。醜くはないが何処(どこ)ともなくケンがある。背(せい)はスラリとしているばかりで左而已(さのみ)高いという程でもないが、痩肉(やせじし)ゆえ、半鐘なんとやらという人聞の悪い渾名(あだな)に縁が有りそうで、年数物ながら摺畳皺(たたみじわ)の存じた霜降(しもふり)「スコッチ」の服を身に纏(まと)ッて、組紐(くみひも)を盤帯(はちまき)にした帽檐広(つばびろ)な黒羅紗(ラシャ)の帽子を戴(いただ)いてい、今一人は、前の男より二ツ三ツ兄らしく、中肉中背で色白の丸顔、口元の尋常な所から眼付のパッチリとした所は仲々の好男子ながら、顔立がひねてこせこせしているので、何となく品格のない男。黒羅紗の半「フロックコート」に同じ色の「チョッキ」、洋袴は何か乙な縞(しま)羅紗で、リュウとした衣裳附(いしょうづけ)、縁(ふち)の巻上ッた釜底形(かまぞこがた)の黒の帽子を眉深(まぶか)に冠(かぶ)り、左の手を隠袋(かくし)へ差入れ、右の手で細々とした杖(つえ)を玩物(おもちゃ)にしながら、高い男に向い、 「しかしネー、若(も)し果して課長が我輩を信用しているなら、蓋(けだ)し已(や)むを得ざるに出(い)でたんだ。何故(なぜ)と言ッて見給え、局員四十有余名と言やア大層のようだけれども、皆(みんな)腰の曲ッた老爺(じいさん)に非(あら)ざれば気の利(き)かない奴(やつ)ばかりだろう。その内で、こう言やア可笑(おか)しい様だけれども、若手でサ、原書も些(ちっ)たア噛(かじ)っていてサ、そうして事務を取らせて捗(はか)の往(い)く者と言ったら、マア我輩二