はじめに

序论

大学生や社会人になってからも何かにつけてレポートの提出っていうのはありますよね。それは授業やテストの一環だったり、仕事の報告書だったりといろいろとあると思います。

无论是大学生还是进入社会,很多时候都要写报告。这或者是课程或考试的一环,或者是工作报告,形式多样。

上手く書けなくて、再提出をくらった経験がある人も多いと思います。そこで今回は、レポートを上手に仕上げるための3つのポイントを紹介したいと思います。レポートが書くのが苦手だっていう人はぜひ実践してみて下さい。

应该很多人经历过没写好而被要求重写的吧。本次我们就来介绍写好报告的3个要点。苦于写报告的人请务必尝试。

ポイントその1:要点の書き出し

要点1:写出要点

レポートを書く以上、何か相手に対して伝えたいことがあるのだと思います。それをいきなり書き始めるのではなくて、まずは書く前に何か別の紙にでも書き出してみます。

写报告是要向对方传达某些信息。别来不来就写上,可以先在另一张纸上归纳出来。

そして、要点同士で繋げられるものや、まとめられるもの、多い場合は必要ないものをつなげたり、消したりしていきます。この作業によって、レポート全体で伝えたいことがまとまり、説得力が増すことになります。

然后要点中能联系起来的、能汇总的,点多的时候可以把没必要的连一起写,又或者减少来处理。这个步骤可以使报告整体要传达的内容更精练,提高其说服力。

ポイントその2:具体的な数字や名前

要点2:具体数据及名字

要点をまとめた上で、更に説得力を増すために必要になるのが具体的な数字や名前です。曖昧な表現ばかりではどうしても説得力に欠けてしまうので、具体的な数字や名前を出すことで説得力を増しましょう。

总结要点之后,要进一步提高其说服力就需要具体的数据及名字。全是含糊的说法始终欠缺说服力,通过给出具体数据及名字来提高说服力吧。

効果的な使い方としては、常に出すのではなく、重要なポイントで一気に出すっていうのが良いかと思います。

有效的使用方式不是一直摆数据,而要在重要的点上一次性给出。

ポイントその3:改行と行間

要点3:换行和行距

レポートを見た時に、隙間なく文字が並んでいては、どうしても読むほうにもプレッシャーがかかってしまいます。

看报告时如果文字密密麻麻排列着,那看的人也会感受到压力。

そうではなく、せっかく読んでもらうのですから、改行や行間を上手くつかい読みやすいレポートに仕上げましょう。

难得给人看的报告,还是在换行和行距上下功夫,让报告更易读。

具体的な使い方としては、逆説の接続詞を使うたびに改行を行い、言いたいこと1まとまりで行間を1つ空けると良いかと思います。

具体方法比如遇转折词时换行,想说内容告一段落了就空一行比较好。

おわりに

结语

今回紹介した3つのポイントはどれも簡単なものばかりです。レポートが苦手だっていう人は、ぜひ実践してみてください。

本次介绍的三点都极为简单。苦于报告的人请务必尝试。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。