小组讨论的要点

ポイント1:協調性>個性
要点1:协调性>个性

グループディスカッションに初めて臨む学生は、周りの学生と差をつけるために個性的な意見を言わなければいけないと考えてしまうことが多いと思います。
第一次碰到小组讨论的学生中有很多人会认为,为了表现与周围的学生不同必须表达个性的想法。

しかし、グループディスカッションで最も必要とされている能力は、協調性なのです。このことは、筆者の人事部の知り合いも言っていました。協調性をアピールするために以下のことを実践しましょう。
但是,小组讨论中最必要的能力是协调性。这一点,笔者人事部的熟人也是这么认为的。为呼吁增强协调性,就按照以下的提示来实践吧。

他の人の意見に賛同する、深めるような発言をする
赞同别人的观点,再进一步深入发言

相槌うなずきをすべての意見に対して行う
对待所有的意见都要附和或首肯

間違っている意見だと思っても否定はしない
即使认为是错误的观点也不要否定

*すぐに自分の意見が思い浮かばない人へのアドバイス。前任者の意見をよく聞き、その意見の言い回しを変えて発言しましょう。
*给脑海中不能马上浮现自己观点的人的意见:认真地听取前任者的见解,然后变换措辞表达。

想学习更多的说话技巧?演讲技巧与有效沟通课程来帮你!

ポイント2:注意点
要点2:注意点

グループディスカッションを始める際、ほとんどの場合に「役割分担」をします。(司会者タイムキーパー書記等)ここで、注意しなければならないのは、余程の自信がない限り「司会者」は引き受けない、ということです。
开始小组讨论时,一般情况下都会分担角色。(主持人、计时员、文书等)这里,必须要注意的是,除非有相当的自信,否则就不要担任主持人。

グループによって、意見がまとまる場合や時間内に議論が終わらない場合があります。もし、後者の場合、人事の心象として一番損をするのは「司会者」です。「司会者」として好印象を与えられるメリットよりも、悪印象を与えてしまうデメリットの方が圧倒的に大きいと考えられます。
小组内经常会出现要归纳意见、在时间内没有结束讨论的情形。如果是后一种情况,给人事留下最不好的印象的会是主持人。比起担任主持人带来有利条件的好印象,给自己带来不利的坏印象的“杀伤力”是压倒性的。

ポイント3:雰囲気づくり
要点3:制造氛围

グループディスカッションにおいて、議論に集中することは当然大切ですが、常に自分のことを人事の方が見ているということを忘れてはいけません。
小组讨论中,专注于讨论固然重要,但千万不要忘记人事一直在观察着自己这件事。

例え自分の意見を否定されるようなことを言われても、絶対に表情や言動で応えてはいけません。
例如,即使自己的观点被否定,也绝对不能在言语表情中流露出来。

笑顔を意識し、グループ全体を良い雰囲気にするように心がけましょう。その努力は、人事の方に好印象を与えるはずです。
注意微笑,留心制造整体的良好氛围。那样的努力会给人事留下好印象。

おわりに
最后

以上のように、グループディスカッションでは下手に目立とうとするのではなく、いかに協調性があるかということをアピールすべきだと言えます。自身の言動で悪印象を与えないように心がけ、個性は、面接で存分に発揮しましょう。
就像上述所说,不要因为团队讨论表现差而引人注目,而是应该充分表现自己的协调性。注意不要因为自己的言行举止(不当)而留下坏印象,个性还是在面试中尽情地发挥吧。

余談ですが、同じグループになった他の就職活動性と連絡先を交換することはお勧めです。思わぬ情報を入手できたり、就職活動の役に立つことがあるかもしれません。
题外话,建议和成为同一组的其他也在找工作的人交换联系方式。这样就能得到意想不到的信息,或许对找工作能有所帮助。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。